Officeファイルをそのまま開く! パソコン版 Google ドライブの便利な使い方

Google の企業向けコラボレーションツール、 Google Workspace (旧  G Suite)。 そのサービスの一つ、 Google ドライブ は、非常に便利で、活用されている方も多いでしょう。

しかし一方で、「いちいちブラウザを開かないと使えない」「ファイルをダウンロードしないとプログラムが実行できない」など、少々面倒だと感じる部分もあります。

今回は、そのような面倒な部分を解決する、「パソコン版 Google ドライブ (旧 Google Drive File Stream ・ ドライブファイルストリーム) 」について解説します。

パソコン版 Google ドライブ を使えば、パソコンの容量を消費せずに、PC上のファイルのように Google ドライブのファイルを扱えます。

パソコン版 Google ドライブ は、無料の個人向け Google アカウントでも利用できるようになっています。使用法は全く同じですので、普通の Google アカウントをお持ちの方もぜひ参考にしてみてください。

この記事はこんな方にお薦めです。

・ Google ドライブ をもっと簡単に使いたい
・ Google ドライブ をデスクトップ上でも扱えるようになりたい
・ Word や Excel など Office ファイルをそのまま開きたい

パソコン版 Google ドライブとは

「パソコン版  Google ドライブ」という名前だけだと、「普段からパソコンで Google ドライブを使っているのに、パソコン版とはなんだ?」と思ってしまう方も多いかと思います。

まずは、「パソコン版  Google ドライブ」がどのようなものか解説します。

ドライブ内のファイルをパソコン上のファイル・フォルダと同じように扱える

「パソコン版  Google ドライブ」の英語名は、「Google Drive for desktop」。こちらの方がわかりやすいかもしれません。つまり、パソコン版  Google ドライブとは、パソコンのデスクトップ上のファイルのように、Google ドライブを扱えるサービスです。

例えば、 Microsoft Word のファイルを、パソコンにインストールしてある Microsoft Word  のソフトで編集したい時、普通なら一度 Google ドライブ からファイルをダウンロードして編集し、再度アップロードする必要があります。

しかし、パソコン版  Google ドライブを使えば、該当するファイルを パソコン上で開いてクリックするだけで、まるでパソコンに保存されている Word ファイルのように扱うことができます。

同様に、クラウド上で編集できない、特定ソフトでないと開くことができない会計ソフトや動画編集の形式になっているデータも、パソコン版  Google ドライブを使えばPCで直接編集することができます。

補足

 Microsoft Office ( Word / Excel / PowerPoint)のファイルは、 Google Apps ( ドキュメント / スプレッドシート / スライド) を使うことで、 Google ドライブ上でそのまま編集することができます。こちらの方が便利な場合もありますので、詳しくは各記事をご覧ください。

【決定版】Google ドキュメントの使い方と便利機能を解説 【決定版】 Google スプレッドシートの使い方と便利機能を解説 Google スライドとは?使い方やPowerPointとの違いを解説

パソコンの容量を消費しない

先述したような機能は、同期機能を持つクラウドストレージならば、パソコンに同期することで実現できます。

しかしこの場合、パソコンにクラウドと同じデータを保存することになるので、パソコンの容量を消費してしまいます。せっかく大容量のクラウドストレージを契約していても、パソコンの容量を超える分は利用できなくなってしまいます。

一方、パソコン版  Google ドライブ では、パソコン上にファイルは保存されません。そのため、パソコン側の容量を気にせず、クラウドストレージを存分に活用できます。

料金は無料、個人のアカウントでも利用可能

パソコン版  Google ドライブは、 Google アカウントを持っていれば追加料金なしで利用できます。

旧名のDrive File Stream 時代は Google Workspace (旧 G Suite) でしか使えませんでしたが、現在は個人の無料版 Google アカウントでも対応しているため、完全に無料で利用することも可能です。

パソコン版 Google ドライブ はこんなもの

デスクトップ上で Google ドライブ が扱える

・ パソコンの容量を消費しない

パソコン版 Google ドライブの使い方

それでは、パソコン版  Google ドライブの使い方を見ていきましょう。

パソコン版 Google ドライブを導入する

パソコン版  Google ドライブは、通常のソフトウェアのようにインストールします。

こちらのリンクの、「パソコン版ドライブをインストールまたはデプロイする」からダウンロードし、インストールします。

インストールが終わるとログインが求められるので、同期したいアカウントでログインします。

ファイルを使う

ファイルを使う方法は簡単、パソコン版  Google ドライブのアイコンをクリックし、使いたいファイルをクリックするだけです。

通常のファイルは、クリックするとそのまま、パソコン上のファイルと同様に開かれます。

Google ドキュメント、スライド、スプレッドシートなどの、 Google ドライブ上でしか開けないファイルは、クリックするとブラウザが開き、該当するファイルを Google ドライブで開いたのと同様の画面に移ります。

もちろん、ファイルを共有している他者が更新した場合も、パソコンがインターネットにつながっているならば、自動で反映されます。

オフラインで利用可能にする

パソコン版  Google ドライブを使えば、パソコンがインターネットにつながっていない時にも、 Google ドライブ上のファイルを閲覧・編集することができます。

オフラインで使用可能にする設定は、ファイル・フォルダ単位で行います。右クリック→「オフライン アクセス」で、「オフラインで使用可能にする」を選べばOKです。

ただし、この場合、インターネット環境がない場合に利用できる代わりに、パソコン上にファイルが保存されることになるので、容量を消費することに注意しましょう。

なお、オフラインで編集した場合、その内容は次のインターネット接続時に反映されます。

ファイルを共有する

ファイルを共有する作業も、ブラウザ版 Google ドライブを介さずに行うことが可能です。

右クリック→「Google ドライブで共有」で、共有設定を決めるダイアログが開きます。ここで設定をするだけで共有ができます。

また、右クリック→「リンクをクリップボードにコピー」で、ダイアログすら開かず、リンクをいきなりコピーすることも可能です。

注意

PCローカルとのファイルのやりとりは要注意

パソコン版  Google ドライブは簡単に使えますが、パソコンの中にあるファイルをGoogleドライブにアップロードするときは要注意です。

一見、パソコンのフォルダからパソコン版  Google ドライブのフォルダにドラッグアンドドロップすればいいように見えますが、同期にタイムラグが生じるため、反映が遅くなる可能性があります。

確実に素早くアップロードをしたいときは、ブラウザ版の Google ドライブを使って通常通りのアップロードを行うことをお勧めします。

パソコン版 Google ドライブを併用して Google ドライブをより便利に

本記事では、パソコン版 Google ドライブの使い方を解説しました。パソコン版  Google ドライブを使えば、Google ドライブをパソコン上のファイルと同じように、より便利に使うことができます。

パソコン版  Google ドライブを使って、 Google ドライブをより活用していきましょう。