YouTube チャンネルの運用を簡易化 するDriveTubeとは?

2006年に Google に買収されてから10年以上が経ち YouTube は今や世界中で利用される動画プラットフォームになりました。YouTuber という言葉も当たり前のように利用され、個人だけでなく、企業でも YouTube を利用したマーケティング活動が当たり前になりつつあります。DriveTube はそういった企業様向けに吉積情報が開発した YouTube チャンネル運用支援サービスです。本コラムでは、DriveTube が YouTube 運用者に提供するメリットについて説明します。

DriveTube はどのようなサービスか

前述した通り、DriveTube は YouTube チャンネルを運用する企業様向けに開発されたWebサービスで、動画コンテンツ(動画・サムネイル・メタ情報(※1))の管理やアーカイブ、時限公開等 YouTube チャンネル運用では欠かせない機能を提供します。本章では、DriveTube の具体的な特徴について説明します。

※1 メタ情報とは、YouTube で公開する動画コンテンツの「タイトル」「説明文」「カテゴリ」等を指します。

Google ドライブ上にコンテンツを集約

YouTube 公開で必要な動画やサムネイル、メタ情報は全て Google ドライブ上に集約されます(以下概要図参照)。動画・サムネイルの製作者は直接 Google ドライブにファイルをアップロードすれば、素材の準備は完了です。一方、メタシートは Google スプレッドシート上で管理され、権限を付与すれば、複数人のユーザで編集が可能になります。

Google ネットワーク内でコンテンツを処理

DriveTube は Google クラウド上に構築されており、Google 内のネットワーク上で処理されるため高速に動作します(※2)。Google ドライブ上のコンテンツが Google のネットワーク上でシームレスに転送されるため、作業PCに一旦ダウンロードした上で YouTube にアップロードするような手間も発生しません。

※2 Google のネットワークは自前でファイバーケーブル、海底ケーブルを利用して複数のデータセンターを繋いでいるため、ファイルを高速に処理することができます。

YouTube チャンネルの運用課題

YouTube は便利なプラットフォームではありますが、運用上様々な課題があります。具体的には以下のような問題点が発生します。

コンテンツ管理が難しい

作業用のPC、ファイル保管用のハードディスク・ファイルサーバ等、コンテンツ管理・運用は非常に煩雑な作業です。管理を怠った場合、ファイルが散々しファイル漏洩のリスクも伴います。しかしながら、オンプレ上でコンテンツを管理するにしても、オンプレ環境自体の保守・運用も発生し、本来の作業以上のコストが発生する可能性があります。

UIがやや複雑で入力の負担が大きい

YouTube は機能が豊富ですが、その機能の多さのため、UIに慣れるまで少々時間がかかるというデメリットも存在します。また、YouTube は一つずつしか動画コンテンツをアップロードすることができないため、複数のコンテンツをまとめてアップロードする場合は多大な入力コストが発生します。さらに、どこかのファイルサーバで動画コンテンツを管理している場合、一度作業PCにファイルをダウンロードした上でブラウザから YouTube にファイルをアップロードする手間も発生します。

運用コストがかかる

前述した通り、オンプレでコンテンツを管理する場合、インフラ環境の保守・運用にもコストが発生します。それだけでなく、大量のコンテンツをアップロードする必要がある場合、入力作業にもそれなりの人件費が発生します。また、これらの作業を外部に委託する場合は、それ以上にコストが発生する可能性もあります。

DriveTubeが解決してくれること

DriveTube は前述したような YouTube の運用課題に対して、以下のメリットを提供することが可能です。

コンテンツの集約

動画ファイルやメタ情報は全てクラウド(Google ドライブ)で集約・管理することができます。DriveTube は動画コンテンツを Google ドライブ 上でしか管理できないため、コンテンツは自然とクラウド上に集約されます。

動画・メタ情報の入力工数の削減

動画ファイルをファイルサーバから業務PCにダウンロードしてから YouTube にアップロードする必要はありません。Google ドライブ 上に管理されているファイルをまとめて公開することができます。また、メタファイルは全て Google スプレッドシートに集約することができます。一度利用したメタ情報はスプレッドシート上でコピーすることにより再利用が可能です。

運用コストの削減

前述した動画コンテンツのクラウド集約、入力工数の削減によって YouTube チャンネルの運用コストが削減されます。

さらに詳しいサービスの説明や資料請求等、DriveTube については以下からこちらからご連絡下さい。

吉積ホールディングスのサイトはこちらに移動しました。