Google Workspace 導入・移行における考え方をまとめました

当社のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

15年以上にわたり、Google Cloud 専門でご支援に携わってきた当社が
現在 Google Workspace の導入をご検討の方に向けて
導入前に知っておいていただくと良い要点をおまとめしております。

よろしければ是非一読いただけましたら幸いです。

「最低限しか使われない」が一番高くつく

クラウド導入のコストというと、多くの方は
ライセンス費用を思い浮かべ、そして重要視されると思います。

当然、稟議申請や意思決定する上で
継続してかかるサブスクリプション費用は重要な関心ごとには間違いありません。

しかしながら、同時にそれ以上の「見えないコスト」も
同じくらい慎重に検討をしていただきたいのです。

それはツールからどれくらいの価値を引き出せるかによって
支払うライセンス費用から得られる価値が大きく変わるということです。

例えばですが
580円を支払ってメールとカレンダーだけを使われることもあれば
2000円以上払うけれど、業務自体が抜本的に代わり、想定以上の
人件費を効率的にコア業務に割り当てれたということもあります。

吉積情報にとっての真剣な向き合いは
投下された費用以上、その何倍もの見返りを
Google Workspace から得ていただくか

支払った費用をただのマイナスにするか
何倍もの価値に変えるか、そういう知識や向きあいこそ
パートナー選びとして大事であると思います。
Google Workspace 導入効果

導入はある意味において簡単ではない? Google Workspace

Google Workspace はまったく新しい業務スタイルをもたらす
多人数で使えば使うほど「驚きがあるコラボレーションツール」。

しかし「まったく新しい」は実が手強い側面があるのです。

誤解を恐れずに申し上げれば、Google Workspace は
ツールの「革新さ・新しさ」ゆえ

導入という観点からいえば難易度が高い部分が存在します。

検索、インターネット共有、AI、非同期なスレッドコミュニケーション
どれも従来のツールよりも革新的なものですが、これらを
しっかりと組織に根付かせるためには
全社員にこの「新しいツールの働き方」を理解してもらうことは避けて通れません。

当社にはこの「新しさ」を短時間で全社周知・理解いただくために
卓越した専門のデモンストレーターがいるほどです。


そして2つ目ですが、言うまでもなく、Google Workspace は

「全員がどれだけ相互に使えるかが問われるツール」であることです。

一部の勘所がよい社員だけが使いこなせても効果は高まりません。
全員が8割でいいのでよく理解し、業務に活用できているか。
それで導入効果が決まります。

Google Workspace は情報共有・コラボレーションツールなのです。

とりあえずライセンスだけを購入してあとはよろしく、で
全社員がスムーズに利活用、最大の投資対効果を得られるかというと
私たちは経験上難しいと思っています。

もちろんエンジニアがほぼ占めるようなIT系のスタートアップなどは
勝手に利用が進むケースもあるかもしれません。

しかし実際、多くの企業、そしてあなたの企業はどうでしょうか?

一般的な社員は、そもそもITツールに関心を持っていただくことも困難です。

社員の大半が「こんなツールは使いにくい。誰が入れた」と判斷してしまったら、
ライセンス費用がどうだという以前の結末になってしまいます。

少なくとも私たちが行う導入では、絶対にそうさせたくありません。
私たちはそういう現場に向き合い、その中でサービスを作ってきました。

どうしたら Google Workspace が最も効果的な投資になるのか
真剣に考えてきたスタッフが導入プログラムを作っています。

中小・中堅企業に最適化された
Google Workspace のプロフェッショナル導入サービス

それが My Start for Google Workspace  です。

オンラインワークショップを通じて、Google Workspace の全体理解から
推奨運用提案、全社員への説明実施まで吉積情報におまかせして
全社員をスムーズに「 Google 化」するお手伝いができます。

  資料のダウンロードはこちらから  

回り道一切不要の最小労力で最大効果を

私たちはプロとして、一度しかない Google Workspace の導入を
しっかり計画し、明確な役割分担にて進めていきます。

私たちの導入では、まずあなた(ご担当者)に、Google が推奨する利用や設計を
短時間でご理解いただくためのワークショップから開始します。

そしてシステム管理やセキュリティ面での検討すべき項目を早々に
提案し、あらゆる情報提供を開始します。

あなたのリソースや期間は限られています。

手探りで調べたり、確認する時間は
検討したり判斷する時間に費やすべきと思います。

そのため国内有数の知識をもつスタッフが
「この場合どうしたらいいのか?」という質問に対して
即座に最適な運用や課題解決を提案していきます。

あなたの貴重なお時間は、調整や周知など、導入効果を上げるための社内活動に
最大限使っていただけるようにしています。

そして、私たちは難しい専門用語は省いて
役員や全社員に「Google Workspace とはなにか」と
「どう使っていくのがベストか」、実際の画面をお見せして説明を代行します。

あなたは、デモンストレーションのプロではなく訓練も受けていません。
その点は私たちプロとして責任をもってしっかりと社員にお伝えします。

このようにして私たちの長年の試行錯誤をパッケージ化して洗練化したのが
My Start for Google Workspace という導入サポートサービスです。

よくわからない、だからこそ私たちが専門家がいます

コロナ禍で世の中が大きく変わりました。

社員の働き方やシステムも大きな変化のタイミングに来ている。
新しいものに対応したい、対応させたい。させなきゃいけない。

でも難しいことがわからない。相談にのって欲しい。

時間が限られてもいるので、技術的な1問一答を超えた
「どうすればいいのか」を明確に案内してほしい。

できるなら、ちゃんと導入してくれる頼もしい人に依頼したい。
中小・中堅企業の実情にあった提案をしてくれる人に相談したい。

そんなご要望がもしあなたにありましたら
あなたにとって、吉積情報はベストなGoogle Workspace 代理店です。

まずはご相談ください。

(※当社の最低ライセンスお取り扱いは10ライセンスからとなっております)

吉積情報の Google Workspace 導入事例 

“圧倒的なデモ”で社員が Google 流に共感
選定の決定打は「Google への深い理解」

“なぜ Google Workspace がこの機能を実装しているのか、
Googleのカルチャーやコンセプトから説明いただいたんです”
              オフィスコム株式会社様

事例紹介記事はこちら

吉積情報の Google Workspace 導入事例 

個別に寄り添うサポートが大事
6つの保育施設を運営する法人が吉積情報を選んだ理由とは

“専門家の方に時間と知識をいただき、とても短い期間で
導入できたので、お願いしてよかったと思っています”
                社会福祉法人 東香会様

事例紹介記事はこちら

 
 
 

提供するのは、スムーズな移行と全社利用です

Google 流の考え方に紐づくツールの活用法をお伝えします

もし専門家の手を借りずに Google Workspace を使ったとしたら、理想的なツールの使い方や社内活用について気づくのは、使用して数年後かもしれません。大事なことは、最初に全体像を理解すること。それを踏まえて自社最適化ができます。私たちはあなたが知りたいことを短時間で伝える専門的なスキル・コンテンツを持っています。

運用課題を事前に提示。時間はたっぷり検討や協議に

Google Workspace 移行にあたって、旧来のシステムとの比較ででる課題について、当社はかなり数の解決パターンを持っています。プロジェクトの冒頭に検討課題となりえるもの、社内調整に時間がかかる部分を頭出しし、準備に十分なお時間が使えるようにご案内します。試験でいえば、予想問題とベストな解法を最初にご提示する形式です。すぐ解ける問題と難しい問題をすぐにわけて始める。吉積情報の効率的導入プロセスです。

役員や社員への説明もプロが説明代行

ドキュメントでは新しいテクノロジー活用を理解は難しく、イメージもわきません。当社では業界きってのプロフェッショナルなデモンストレーターとパートナーシップし、Google Workspace の推奨される使い方を伝える全社説明を代行します。意思決定者のご理解や全社オンライン説明会までしっかり展開にコミットするのが吉積情報です。

 

中小・中堅企業に最適化された
Google Workspace のプロフェッショナル導入サービス

それが My Start for Google Workspace  です。

オンラインワークショップを通じて、Google Workspace の全体理解から
推奨運用提案、全社員への説明実施まで吉積情報におまかせして
全社員をスムーズに「 Google 化」するお手伝いができます。

  資料のダウンロードはこちらから  

吉積ホールディングスのサイトはこちらに移動しました。