吉積情報WEB

生成 AI の活用事例!得意分野と注意すべきポイントも紹介!

生成 AI の活用事例!得意分野と注意すべきポイントも紹介!

生成 AI は Web サイトを調査して結果をテキストで表示したり、一定の品質を保ったりすることが得意ですが、生成した情報が全て正しいとは限らないなど、注意が必要です。

本記事では、生成 AI の活用事例をはじめ、得意な分野と導入するときに注意したいポイントについて紹介していきます。

生成 AI の活用事例

まずは生成 AI の活用事例を、以下4点紹介します。

  • 事務業務
  • アプリケーション開発
  • 広告制作
  • 子どもの自由研究

事務業務

生成 AI は、入力されたテキストの文法や表現の誤りを瞬時に指摘し、より洗練された文書へと導くことできるなど、事務業務に活用できます。入力情報を元に Web サイトを調査して必要な情報を収集・分析することも可能です。

生成 AI は単純作業を自動化できることはもちろん、独創的なコンテンツ制作も行え、事務作業の効率をアップできます。

アプリケーション開発

生成 AI はアプリケーション開発にも活用可能です。

要件や機能を入力すれば、AI が解析し、適切なプログラミング言語のコードを生成してくれます。そのため、一から開発するのに比べて開発スピードを大幅に加速でき、開発者は空いた時間を新しいアプリケーションのアイディア創出などに集中できるでしょう。

プログラミングが不得意な方でも開発に携われるようになるなど、アプリ開発の敷居が下がります。AI による自動コード生成は、アプリ開発の効率化を実現し、企業のイノベーションを加速させる鍵となるでしょう。

ノーコードで簡単にアプリを作成したい方は、こちらの記事を参考にしてください。https://www.yoshidumi.co.jp/collaboration-lab/appsheet

広告制作

生成 AI は広告制作の事例も豊富です。

例えば、とある企業では 生成 AI を活用してブランドイメージに合致したボトルデザインやロゴを生成しています。

広告制作のスピードが向上することはもちろん、無限の創造の可能性により、魅力的な広告を自動生成できるのです。

生成 AI を活用すれば、魅力的な広告素材を簡単に生み出すことが可能です。

子どもの自由研究

生成 AI は子どもたちの自由研究のアイディア創出にも役立ちます。

例えば、宇宙に関心がある子どもに対して、AI は最新の宇宙探査の話題から実験案など、様々な研究テーマを提案できます。

子どもたちは 生成 AI を通じて、自分の関心事を深掘りすることができ、学ぶ楽しさと探究心が育つでしょう。

また、生成 AI は資料集めや情報整理もサポートでき、自由研究の一部を自動化できます。

生成 AI を活用することで、子どもたちはユニークな自由研究を楽しく行えるようになるでしょう。

活用事例からわかる生成 AI が得意なこと

活用事例からわかる、生成 AI が得意なことを以下2点紹介します。

  • アイディア創出
  • 品質維持

アイディア創出

生成 AI は、従来の枠組みを超えた斬新なアイディア創出が得意です。

生成 AI はユーザーから日々入力された膨大なデータを基に、一見関連性のない情報を組み合わせて、新しい概念や解決策を生み出すことができます。例えば、文章作成・デザイン提案・ビジネス戦略の立案など、さまざまな分野で革新的なアイデアを生成できるでしょう。人間では思いつかないような、新しい視点やアプローチを発見し、創造的なプロジェクトや問題解決に役立てることができるのです。

生成 AI は、アイディア創出により、企業のさまざまな組織の課題を解決し、イノベーションを促進できます。

品質維持

生成 AI は、品質維持においても優れています。

生成 AI は、単純作業や繰り返しの作業に関して、一定の品質レベルを維持することができます。

例えば、データ入力・コンテンツの生成・品質チェックなど、様々な分野で業務の質を一定のレベルで保つことが可能です。

人が行うとミスが生じやすい作業も、AI は正確にこなし、一貫した結果を提供します。これにより業務の効率化を実現できるとともに、エラーの削減や作業時間の短縮にも役立つでしょう。

生成 AI 活用時の注意点

生成 AI 活用時の注意点を、以下4点紹介します。

  • 偽情報生成の可能性
  • 著作権違反の可能性
  • 人のチェックが重要
  • セキュリティの高いAI選定が重要

偽情報を生成する可能性

生成 AI には多くのメリットがありますが、偽情報を生成する可能性があります。

AI は与えられた情報を基に回答を生成するため、必ずしも内容が正確ではありません。意図せずフェイクコンテンツが生み出される恐れもあるでしょう。

生成情報が正しいかを確認するためには、信頼できるソースかどうかの判断、人によるチェック、専門家による内容レビューが不可欠です。

著作権違反の可能性

生成 AI は、著作権違反の可能性があることにも注意が必要です。

AI が生成したコンテンツは、既存の著作物を模倣したり、引用したりしているなど、無意識のうちに著作権を侵害している可能性があります。

著作権違反した場合、罰金刑や懲役刑など刑罰の可能性もあるため、生成 AI を利用するときは、生成コンテンツの内容が著作権に抵触しないか、慎重に確認することが大切です。

人のチェックが重要

AI は膨大な情報を基に、素早く回答を生成する高い能力を持っていますが、生成コンテンツが常に正確であるとは限りません。

フェイクニュースを生成してしまう恐れや、内容が著作権侵害に当たる場合もあります。そのため、生成 AI を利用するときは、AI に全てを任せるのではなく、人によるチェックが重要です。人がチェックすることで、生成 AI の能力を最大限に生かしつつ、フェイクニュースなどを防ぎ、リスクを管理できるでしょう。

セキュリティの高い AI 選定が重要

これから生成 AI 導入を考えているのなら、セキュリティとプライバシーの面で信頼できる サービスを選定しましょう。

生成 AI を選ぶ際には、最新のセキュリティ対策を講じているのか、どのようにプライバシーを保護しているのかを確認することが重要です。

信頼できるサービスを選ぶことで、不正アクセスやデータ漏洩のリスクを最小限に抑えることができます。

生成 AI なら Google の Gemini( 旧 Bard ) を試してみよう

本記事では、生成 AI の活用事例と得意分野、注意すべきことを紹介しました。

生成 AI はメリットが多いものの、情報漏洩リスクや著作侵害のリスクがあるため、導入するときは、セキュリティやプライバシーを重視する信頼できるサービスの選定が不可欠です。

Google が開発した 生成 AI である Gemini は、Google が持つプライバシーとセキュリティを最優先する文化が反映されています。

Google はこれまでの AI サービスを Gemini ブランドに統一しました。テスト提供されていた Bard や Duet AI も Gemini に改名されます。

不正アクセスやデータ漏洩のリスクを最小限に抑えたいなら、Gemini のような信頼できる AI を導入しましょう。

Google Workspace や Google Cloud は、Gemini が搭載された信頼の高いサービスです。詳しく知りたい、という方は以下活用資料もご覧ください。

吉積情報WEB
吉積情報WEB
吉積情報株式会社WEB担当チーム、コラボラボではGoogle Workspaceに関するブログ記事を掲載しています。
<span id=生成 AI の活用事例!得意分野と注意すべきポイントも紹介!" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI の活用事例!得意分野と注意すべきポイントも紹介!

詳細はこちら

<span id=生成 AI の活用事例!得意分野と注意すべきポイントも紹介!" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI の活用事例!得意分野と注意すべきポイントも紹介!

詳細はこちら

<span id=生成 AI の活用事例!得意分野と注意すべきポイントも紹介!" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI の活用事例!得意分野と注意すべきポイントも紹介!

詳細はこちら

<span id=生成 AI の活用事例!得意分野と注意すべきポイントも紹介!" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI の活用事例!得意分野と注意すべきポイントも紹介!

詳細はこちら

オンラインセミナー開催中

お申込みはこちらをCheck!

関連する他の記事をよむ