ファイルサーバーを確実にGoogle ドライブ に移行するドライブトランスファー

ファイルサーバからドライブへの移行を解決するドライブトランスファー

本コラムでは、ここ最近のドライブ環境へのデータ移行の問い合わせを大変多くいただいているため、当社吉積情報の「ドライブトランスファー」のご紹介をさせていただきます。

「ドライブトランスファー」とは、オンプレミス環境から、データの送り漏れがないようにドライブへ移行が行えるファイルサーバー移行サービスです。

 Google ドライブに移行することのメリット

そもそもオンプレミスのファイルサーバー環境でファルを運用・管理する場合、以下のような課題が挙げられます。

①ファイルを探すのに一苦労。社員が多くの時間を割いている

②同じファイルが乱立していてどれが最新版か不明

③社内からしかアクセスできないので、テレワークを進められない


④故障などの対応でリソースが取られてしまう

これらはオンプレミス環境下での業務を行っている多くのご担当者にとって、思い当たる課題ではないでしょうか。

これらの課題は Google ドライブを活用することによってすべて解決できます。

① Google検索によるデータ参照効率がアップ
 詳細検索を行うことが出来ます。AI機能にて使用時間の頻度によって自動でファイルを提案してくれます。

②共同編集機能にて、同時編集が可能

 版管理も出来るのでどれが最新版かファイル一つで 管理可能

③クラウドなので、端末依存せず自宅でもどこでも閲覧、編集が可能


④ Google のシステムのため、社内でのシステム保守・点検・刷新は不要

 情報システム部門の方は保守点検だけでなく、従業員の生産性を向上する環境の整備などクリエイティブな作業にも時間を取ること が出来ます。

そのため、Google ドライブ 移行を実現したいというお客様が増えています。

 ファイルサーバーからGoogle ドライブ へ移行する上での課題

それでは、Google ドライブ へ移行する一般的なシナリオは2通りです。

①手動で移行を行う

手動で行うのは、一個一個アップロードしていく必要があるので、ファイル数が多い場合対応することが大変難しいです。数十〜数百ファイルであれば可能な範囲ではありますが、基本的にファイルサーバは数百万以上のファイルをアップロードするケースがほとんどです。

②ツールによる移行を行う

ユーザー側で設定するパソコン版 Googleドライブと管理者側で設定するGoogle Workspace Migreteがあります。Google Workspace Migreteは、Google Cloud Platform (以下 GCP )のコンピュートリソース(IaaSサーバー)を利用してファイルをアップロードすることになります。

そのため、 GCP の費用が別途かかることになります。また、 Google Workspace Migrate を利用する場合は、ベータ版テストへの申し込みが必要です。

どちらのツールも移行記録が残っていないなど不確かなデメリットもいくつか存在します。そこで上記のような選択肢に加え課題解決ソリューションとして開発したのが、「ドライブトランスファー」です。

ドライブトランスファーの特徴

ドライブトランスファーの特徴は3つです。

① Google ドライブの制限を考慮

ドライブトランスファーは、 Google ドライブにおけるアップロードや移行における様々な制限・しきい値を考慮した設計になっています。Google ドライブ では、APIの実行回数等に上限の設定がありますが、ドライブトランスファーでは、その制限に引っかからないように設計されています。またフォルダ構成を維持した状態のアップロードにも対応しております。

②アップロードログをすべて出力

下記のようにファイルのアップロード状況をチェックすることが出来ます。

 アプリ実行ログ(実行結果のログを表示)

 詳細ログ(実行ログのさらに詳細を表示)


すべてのアップロード履歴・ステータスを管理出来ます。また全ての事項結果をCSVも出力することが出来ます。

 ログのCSVを出力


こちらのデータがあれば、どれだけのファイルが送られているか確認取れますので安心です。

③アップロード時間を短縮

最短で2週間〜1ヶ月で終わることが可能です。OSとの定期実行の組み合わせによりアップロード作業を自動化できる。チェックサム機能を使用し、ダブりのあるデータは上書き(新しい方)orスキップすることができます。

まとめ

ドライブトランスファーでは、漏れなく確実に Google ドライブ へ移行することが可能となっています。ぜひ大事なデータ移行には、安心安全にスピーディーに移行できるドライブトランスファーもご検討ください。

今回ご紹介したドライブトランスファーの機能詳細、価格等についてもっと詳しく知りたい場合は、こちらからお気軽にお問い合わせください。


Google Workspace セミナー
オンラインセミナー随時開催しています。

クラウドエースのグループ企業である吉積情報株式会社ではGoogle Workspace (旧G Suite)の導入支援だけでなくGoogle Workspace (旧G Suite)の拡張開発も行なっています。Google Workspace (旧G Suite)についてご検討の場合は以下問い合わせ先からご連絡ください。
(プロによるオンラインデモンストレーションなども承ります。)

 

関連記事

  1. YouTube チャンネルの運用を簡易化 するDriveTubeとは?…

吉積ホールディングスのサイトはこちらに移動しました。