吉積情報WEB

なぜ生成 AI の情報漏洩は起こるのか?原因・対策を詳しく紹介!

なぜ生成 AI の情報漏洩は起こるのか?原因・対策を詳しく紹介!サムネイル画像

生成 AI を利用すると、入力した個人情報や企業の機密情報などが漏洩してしまうのでは、というリスクが問題視されています。

そうならないためには、生成 AI を利用する前に、情報漏洩リスクや著作権侵害リスクなどを正しく理解して、対策を講じることが大切です。

本記事では情報漏洩がなぜ起こるのか、原因と対策を紹介していきます。

生成 AI による情報漏洩リスク

まずは、生成 AI の情報漏洩関連のリスクについて、以下2点を紹介します。

  • 個人情報・機密情報の入力
  • 著作権侵害

個人情報・機密情報の入力

生成 AI には、個人情報・機密情報の入力による情報漏洩リスクがあります。

入力した情報は、AI の学習材料として活用されます。そのため、個人情報や機密情報を入力してしまうと、その情報が第三者の問い合わせに対する回答などに使用される可能性があり、情報漏洩のリスクを高める危険性があります。

生成 AI を利用する時は、個人情報や機密情報を入力しないように、運用を徹底することが重要です。

著作権侵害

生成 AI では、以下4つの条件を全て満たす場合、著作権侵害にあたる可能性があります。

  • 類似性

    類似したデータを、複製して生成されたもの

  • 依拠性

    既存の著作物に依拠して生成されたもの

  • 創作性

    他人が創作したものであること

  • 権利制限規定への不適用

    権利制限規定 ( 一定の要件を満たす場合、著作権が適用されない規定 ) に
    当てはまらないこと

生成 AI の利用にあたっては、上記要件に注意する必要があります。

生成 AI で情報漏洩が発生する主な要因

生成 AI の活用で情報漏洩が発生する主な要因について、以下3点を紹介します。

  • 学習方法
  • インターネット上のデータ保管
  • 技術的なバグ

学習方法

生成 AI で情報漏洩が発生してしまう主な要因の1つに、学習方法が挙げられます。

AI は過去の入力データを学習し、新たな回答を生成するため、入力情報が無意識のうちに他のユーザーの回答に活用されることがあります。

特に、個人情報・企業の機密情報などが含まれている場合、第三者に漏洩されるリスクが生じてしまうのです。

そのため、生成 AI を利用する前に、入力情報がどのように利用される可能性があるのかを十分に理解しましょう。その上で、他に流用されても問題ない情報のみを扱うことが重要です。

インターネット上のデータ保管

生成 AI で情報漏洩が起きる要因として、インターネット上でのデータ保管もあります。

生成 AI はクラウドサービスのため、ユーザーが入力したデータはインターネット上のデータベースに保管されます。

セキュリティ対策が強化されていない生成 AI を利用すると、不正アクセスなどのリスクにさらされてしまう恐れがあります。入力情報が外部に漏れ、個人のプライバシー侵害や企業秘密の流出など、重大な問題を引き起こす恐れもあるのです。

そのため、生成 AI を利用するときには、データ保護方針やセキュリティ体制を確認するなど、強固なセキュリティ対策がなされたサービスを選ぶべきです。

技術的なバグ

生成 AI では、技術的なバグにより情報漏洩が起きるリスクがあります。

生成 AI の開発や運用中に様々なバグが生じる可能性があります。意図しない情報の露出や、不正アクセスが起こるかもしれません。

例えば、ユーザーが入力したはずの非公開情報が第三者に漏洩するケースも考えられます。

このようなリスクを最小限に抑えるためには、常に最新のセキュリティ対策がなされたサービスを利用すべきです。

そのため、生成 AI を検討するときには、安全かどうか、定期的にセキュリティ更新を行っているかなどを確認し、信頼できるサービスを選択しましょう。

生成 AI の情報漏洩に有効な対策

生成 AI に関連した情報漏洩に関して、有効な対策を3点紹介します。

  • ルールの明確化
  • 人によるチェック
  • セキュリティの高いサービス利用

ルールの明確化

生成 AI を安全に利用するためには、ルールの明確化とその徹底が重要です。

従業員が情報漏洩リスクとセキュリティ対策の重要性を理解し、日々の業務で適切な対応を取ることができれば、情報漏洩のリスクを抑制できます。

そのため、生成 AI に入力する内容が法的問題や権利侵害に該当しないように、利用規約やガイドラインを作成しましょう。また、サービスを利用する従業員に対しても、ガイドラインを遵守するための教育を実施して情報漏洩リスクを理解してもらうなど、意識を高めることが必須です。

人によるチェック

生成 AI では、人によるチェックも重要です。

AI が生成した回答に情報漏洩のリスクがないかを確認するためには、人による精査が不可欠です。

周りのメンバーや情報セキュリティに精通した専門担当者が、生成されたコンテンツを一つ一つ確認し、著作権の侵害や情報漏洩の恐れがないかを必ずチェックしましょう。

人によるチェックを行うことで、生成 AI の安全性を向上できます。

セキュリティの高いサービス利用

生成 AI による情報漏洩を防ぐためには、セキュリティが高い AI サービスの利用が不可欠です。

セキュリティが高いサービスとは、例えばデータを保護するための暗号化技術の採用、不正アクセスを防ぐための厳格なアクセス管理、定期的なセキュリティ更新とパッチの適用などが実装されたサービスのことです。

セキュリティの高い AI サービスを選択することで、ユーザーが提供する情報の漏洩リスクを最小限に抑え、信頼性と安全性を高められます。

Gemini (ジェミナイ)は、すべての従業員がセキュリティとプライバシーを重要視している、Google 社が開発した、高いセキュリティを保つ最先端の生成 AI です。

生成 AI は情報漏洩のリスクが低いサービスを選ぼう!

本記事では、生成 AI の情報漏洩リスクとその原因、対策について紹介しました。

これから生成 AI を導入するなら、万全なセキュリティ対策がなされた、情報漏洩リスクが低いサービスを選ぶべきです。

Google は、これまでの AI サービスを Gemini ブランドに統一しました。従来 Bard の名称でテスト提供されていた 生成 AI も Gemini に改名されています。

Gemini は、Google Cloud や Google Workspace などのサービスにも導入されており、情報漏洩リスクからサービスを守るとともに、高速化・業務スピード改善など、企業に多くのメリットをもたらしてくれるでしょう。

吉積情報WEB
吉積情報WEB
吉積情報株式会社WEB担当チーム、コラボラボではGoogle Workspaceに関するブログ記事を掲載しています。
<span id=なぜ生成 AI の情報漏洩は起こるのか?原因・対策を詳しく紹介!" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

なぜ生成 AI の情報漏洩は起こるのか?原因・対策を詳しく紹介!

詳細はこちら

<span id=なぜ生成 AI の情報漏洩は起こるのか?原因・対策を詳しく紹介!" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

なぜ生成 AI の情報漏洩は起こるのか?原因・対策を詳しく紹介!

詳細はこちら

<span id=なぜ生成 AI の情報漏洩は起こるのか?原因・対策を詳しく紹介!" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

なぜ生成 AI の情報漏洩は起こるのか?原因・対策を詳しく紹介!

詳細はこちら

<span id=なぜ生成 AI の情報漏洩は起こるのか?原因・対策を詳しく紹介!" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

なぜ生成 AI の情報漏洩は起こるのか?原因・対策を詳しく紹介!

詳細はこちら

オンラインセミナー開催中

お申込みはこちらをCheck!

関連する他の記事をよむ