吉積情報WEB

生成 AI の種類を比較!活用方法も詳しく紹介

生成 AI の種類を比較!活用方法も詳しく紹介サムネイル画像

生成 AI には多様な種類があるため、各企業の目標や活用シナリオに応じて最適なサービスを選定することが重要です。適切なサービスを選択すれば、生成 AI の導入がスムーズに進み、企業の成功の加速が期待できます。

本記事では、生成 AI の種類とその活用方法について紹介していきます。

様々なタイプの生成 AI 

生成 AI は、テキスト・画像・音声・ビデオなどのコンテンツを自動で生成する技術です。
主な種類の機能として、以下が挙げられます。

  • テキスト生成
    入力された内容を元に、Web サイトを調査して、テキストコンテンツを返すことが可能。
  • 画像生成
    入力された内容から新しい画像を生成し、主にデザイン素材を作り出すことが可能。
  • 音声生成
    テキストを自然な音声に変換したり、特定の声を模倣したりして、音声コンテンツを生成することが可能。
  • 動画生成
    入力されたテキストを元に動画を生成することが可能。

    生成 AI は、上記機能を中心として、コンテンツ制作・クリエイティブ系の分野など、多岐にわたる分野で活用されています。

生成 AI の種類別の活用シーン

生成 AI の活用シーンについて、以下6点を紹介します。

  • 文書生成
  • 文字起こし
  • データ抽出
  • アイディア創出
  • 素材作成
  • プログラミング開発

文書生成

生成 AI は、入力された質問などテキストを元に、新たな文書を生成することが可能です。

特定の質問を入力すると、関連する情報を Web サイトから探して分析し、詳細な内容を結果として表示します。

生成 AI は、研究論文の草稿作成・業務レポートの自動作成・ブログ記事やニュースのコンテンツ生成にも役立つでしょう。

文字起こし

生成 AI は、音声データをテキストに変換する文字起こしにも活用が可能です。

例えば、会議・講演・インタビューなどの音声データが入力されると、AI に搭載されている音声認識技術がテキスト情報に変換します。高度な AI は文脈の理解スピードが早いです。誤認識を最小限に抑えるために最適化されています。手作業で文字起こしをすることに比べて、迅速かつ効率的に作業を完了できるでしょう。

データ抽出

生成 AI はデータ抽出にも役立ちます。

生成 AI は Web サイトから特定の情報を探し出し、必要なデータを抽出することに優れています。例えば市場調査・競合分析などにおいて、関連するサイトを調査し、対象製品やサービスの機能・価格・ユーザーレビューなどの必要な情報を収集可能です。

生成 AI は、膨大な Web サイトを高速に調査し効率的に情報抽出していきます。手作業による検索やデータ入力作業に比べて、時間とコストを大幅に削減できるでしょう。

アイディア創出

生成 AI はアイディア創出としても活用できます。

生成 AI は、入力されたキーワードやテーマに基づいて、多様な提案を生成し、新しい視点や斬新なアプローチを提示可能です。特に、広告やマーケティング分野でのキャッチコピー作成、ビジネスでの新規プロジェクト企画、戦略策定、教育分野での創造的な課題解決など、幅広い領域で活用できます。

生成 AI を活用することで、従来の時間と労力を削減しながら、質の高いアイディアを効率的に生み出せるでしょう。

素材作成

生成 AI は素材作成ができるものもあります。

入力されたキーワードに基づいて、イメージ画像・音声データ・動画などのコンテンツを自動で生成するため、例えば、広告用の素材、SNS 投稿用の画像、動画制作用の音楽、アニメの素材作成など、さまざまなシーンで活用可能です。

そのため、専門知識がないユーザーでも、プロレベルのコンテンツを簡単に作成できるでしょう。

プログラミング開発

生成 AI はプログラミング開発も得意領域です。

生成 AI は入力された情報を基にして、コードを生成してくれます。そのため、ソフトウェア開発者はコードの自動生成、バグの修正提案などの支援を AI から受けられるでしょう。

また、既存のプログラムのコードを分析して、パフォーマンスの改善やセキュリティ強化のための提案を行うことも可能です。

生成 AI を活用すれば、高品質なソフトウェアを短い時間で開発できるようになるでしょう。

生成 AI の種類を比較

ここでは、生成 AI の種類を比較していきます。

  • Gemini( 旧 Bard )
  • ChatGPT
  • Microsoft 365 Copilot
  • Notion AI
  • Claude

Gemini( 旧 Bard )

Gemini (ジェミニ)とは 2023年12月6日に Google が開発した最先端のマルチモーダル生成 AI モデルです。2023 年 2 月からテスト提供されていた、Google の AI チャットサービス 「 Bard 」 も Gemini に改称されました。

Gemini はテキスト・画像・音声・動画・プログラミングコードなど、様々なタイプを組み合わせることができます。例えば、テキストと画像を組み合わせてアニメ制作に繋げることや、音声とテキストで会話型 AI の回答生成などが可能です。

Gemini には、グレードが複数あり、最上位グレードは「Gemini Ultra 1.0」です。Gemini の登場により、従来以上に幅広い用途で生成 AI を活用できる、と期待されています。

ChatGPT

ChatGPT は OpenAI によって開発されたテキストベースの対話型 AI です。

自然言語処理を利用して、ユーザーが入力した質問への回答を生成したり、物語を作成したりできます。ChatGPT は、コンテンツ作成、プログラミングコード生成、アイディア創出など、幅広い分野で利用されているのです。

Microsoft 365 Copilot

Microsoft 365 Copilot (コパイロット)とは、Microsoft 365サービス (Word・Excel・PowerPoint・Outlook・Teams・Sharpoint )の機能の一つで、データ作成・整理を得意とする AI サービスです。

Microsoft 365 の他の機能と連携しながら、業務効率化・生産性向上を目指すことが可能です。例えば、有休を取得した日にどのような出来事があったのかを知りたいとき、Copilot に問い合わせれば、過去のメールのやり取りや資料の中を検索して、知りたい情報を回答してくれるでしょう。

Microsoft 365 Copilot を活用すれば、Microsoft 365 を中心とした業務をより効率的に行えるようになります。

Notion AI

Notion AI は、Notion 上で稼働する、生成 AI です。

Notion は、タスク管理・進捗管理などを簡単に行える、クラウドサービスです。 Notion AI は 文書生成・校正・要約・翻訳・メール内容の作成などを行えます。Notion での業務管理をより便利に利用できるでしょう。

Notion AI を利用するためには、Notion を利用しているアカウントにオプションを追加するなど、別料金が発生します。

Claude

Claude は Anthropic 社が開発した AI チャットです。Anthropic 社 は、OpenAI 社の元メンバーが2021年に設立しました。2023年には Claude 2が発表され、最初はアメリカ・イギリスのみで公開されていましたが、日本でも利用できるようになりました。

Claude 2は、テキスト検索・文書要約・プログラミングコード生成などの機能があり、法学部試験にも合格するレベルの自然言語処理能力を持っています。

Claude 2 には無料版と有料版の2つがあります。

Gemini(旧Bard)を活用するメリット

Gemini は、従来の単一データタイプの 生成 AI の課題を克服できるサービスです。

Gemini を利用すれば、複雑なテキスト・視覚情報を理解できます。膨大なデータの中から判別が難しい情報を抜き取ることも可能なため、デジタルデータを利用する科学や金融業界などに大きな影響を与える可能性があるのです。

また、テキスト・画像・音声など複数のデータタイプを同時に理解できます。複雑な専門知識であっても、細かいニュアンスを読み取れるようになるでしょう。

さらに、Gemini は Python・Java・C++・Goなどをはじめとして、プログラミング言語にも対応しており、最新のアプリ開発にも役立ちます。

パフォーマンススピードも高いのも特徴です。Gemini Ultra は、大規模言語モデル ( LLM ) の研究開発で使用される学術ベンチマークにおいて、最先端の結果を上回っています。

Gemini を活用すれば、上記のようなメリットを得られ、企業活動に大きく貢献するでしょう。

自社に適した生成 AI を選ぼう

本記事では、生成 AI の種類について説明しました。

生成 AI にはさまざまな種類があるため、自社の目的や用途に合わせた選択が重要です。

生成 AI の導入なら、最先端の Gemini がおすすめです。Google 社は、これまで開発した AI サービスを Gemini ブランドとして統一することを発表しました。 従来 Bard という名称の生成 AI 、Duet AI も Gemini になるのです。

Geminiの最上位グレードは「Gemini Ultra 1.0 」です。Gemini Ultra 1.0 を採用した生成 AI を「Gemini Advanced」と呼び、Google One Premium AI Premium プランの一部機能として提供されています。

Gemini はスマホアプリからも利用できますので「利用してみたい」という方は吉積情報までご相談ください。

以下からも、Google 社の最先端 AI 技術の活用方法を紹介しています。

Gemini for GWS_Banner

吉積情報WEB
吉積情報WEB
吉積情報株式会社WEB担当チーム、コラボラボではGoogle Workspaceに関するブログ記事を掲載しています。
<span id=生成 AI の種類を比較!活用方法も詳しく紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI の種類を比較!活用方法も詳しく紹介

詳細はこちら

<span id=生成 AI の種類を比較!活用方法も詳しく紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI の種類を比較!活用方法も詳しく紹介

詳細はこちら

<span id=生成 AI の種類を比較!活用方法も詳しく紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI の種類を比較!活用方法も詳しく紹介

詳細はこちら

<span id=生成 AI の種類を比較!活用方法も詳しく紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI の種類を比較!活用方法も詳しく紹介

詳細はこちら

オンラインセミナー開催中

お申込みはこちらをCheck!

関連する他の記事をよむ