吉積情報WEB

生成 AI で変わる業務効率化!事例と使いこなし方を詳しく紹介

生成 AI で変わる業務効率化!事例と使いこなし方を詳しく紹介

近年では生成 AI を活用する企業や個人が増えています。生成 AI を上手に活用すれば、今の業務を効率的に進められるようになるため、自社に役立つ使い方などを調べている方も多いでしょう。

本記事では、生成 AI の業務効率化事例と使いこなし方について紹介していきます。

 

生成 AI の業務効率化事例

まずは、生成 AI の業務効率化事例を紹介していきます。

  • 顧客対応
  • 資料作成
  • 市場調査・分析
  • 会議への活用
  • スケジュール管理
  • マーケティング

顧客対応

生成 AI の業務効率化例として、顧客対応があります。

生成 AI は、顧客からの様々な問い合わせに対して即座に自動応答を提供することが可能です。活用すれば顧客の待ち時間を大幅に短縮し、顧客満足度も向上するでしょう。

例えば、チャットボットは24時間365日対応可能であり、繁忙期でも顧客のニーズに迅速に対応できます。

生成 AI を活用すれば、業務効率化を実現できるとともに、、顧客体験の質の向上にも貢献できるのです。

資料作成

生成 AI では、資料作成業務を効率化することも可能です。

生成 AI は指定されたテーマに基づいて内容を生成するため、報告書やプレゼンテーションなどさまざまな資料作成に適しています。

一貫性のある品質を保ちながら、より速く、より多くの資料を提供できるため、従業員は資料作成に関わる時間と労力を大幅に削減できるでしょう。

市場調査・分析

生成 AI の業務効率化例として、市場調査・分析もあります。

生成 AI は Web サイトなど大量のデータを迅速に収集・分析し、関連性の高い情報をまとめる能力があるため、トレンドや競合他社の戦略を理解することに役立ちます。

生成 AI を活用することで、競合分析や市場調査などの精度・速度が従来に比べて飛躍的に向上するでしょう。

会議への活用

生成 AI は会議業務も効率化可能です。

例えば、会議の議事録作成に役立ちます。生成 AI を活用すれば、リアルタイムでの音声認識が可能となり、会議中の発言を即座にテキスト化できるのです。

議事録作成や要約を生成 AI で自動で行えるため、出席者は重要なポイントをすぐに確認できるようになり、会議後の業務効率を大幅に向上できます。

また、生成 AI は会議の内容を精密に記録できるため、チーム内の認識齟齬もなくなり迅速な意思決定にも役立ちます。

生成 AI を会議に活用することで、業務効率はもちろん、ビジネスの意思決定の質を高められるのです。

スケジュール管理

生成 AI はスケジュール管理も可能です。

例えば、複数人のスケジュールを一括で管理して、参加者の予定をリアルタイムで調整し、最適な会議時間を見つけることができます。

また、重要な会議やイベントの前に自動的にリマインドを送る機能も備えており、忘れがちな予定も見落とすことなく対応可能です。

生成 AI を用いれば、スケジュール調整にかける時間が少なくなり、効率的な業務遂行が可能です。

マーケティング

生成 AI はマーケティング業務も効率化できます。

生成 AI では、企業が蓄積するデータから顧客の行動や嗜好を予測して、それぞれに適した提案が可能です。

企業は顧客一人ひとりのニーズに合わせたパーソナライズされたコンテンツやプロモーションを実現できるようになり、顧客満足度の向上を期待できます。

また、生成 AI の予測分析機能を用いれば、データを元に顧客の未来の行動を予見し、より効果的なマーケティング戦略を立案することも可能です。

生成 AI を利用することで、より高いマーケティング活動ができるのです。

生成 AI で業務効率化を実現した企業事例

ここからは、生成 AI で業務効率化を実現した企業事例を紹介します。

  • A 社
  • B 社
  • C 社

A 社

A 社では、画像生成 AI ツールを広告制作に使用して業務効率化を実現しています。

プロンプトを使って生成したい画像を指定し、さまざまな画像を生成しており、季節のイベントのキャンペーンに、魅力的な広告を生成しているのです。

同社は、画像生成 AI を公開し、一部の国に対して、生成 AI で生成した画像を応募すると、デジタルサイネージに掲載されるチャンスがある、という企画を実施し、世の中を賑わせています。

B 社

B 社では、生成 AI を用いて社内情報検索システムを試験導入し、業務効率化を目指しています。

まずはスモールスタートとして研究開発部門でスタートしています。将来的にグループ全体で技術方法を集めて整理し商品開発などに役立てたいと目標にしているのです。

同社は今後もさまざまなシステムへ生成 AI の導入を検討していることも発表しており、生成 AI を業務効率化にしっかりと取り入れる動きが見られます。

C 社

C 社では生成 AI のチャットボットを活用することで、社内問い合わせ対応業務の効率化を実現しています。

時期や状況によって問い合わせ内容が異なることから、ITリテラシーが低い社員でも簡単に運用できことを生成 AI 導入のポイントとしました。

導入後、問い合わせ対応件数を毎月30%以上削減できています。

導入した生成 AI は社員全員が簡単に扱えることができたため、さまざまな部門の社員が活用することで、AI の回答精度の高さ・対応範囲を広げていきました。

この結果、チャットボットで解決できる事が増え、人による問い合わせ対応件数を削減できたのです。

業務効率化に役立つ生成 AI の使いこなし方

ここからは、業務効率化に役立つ生成 AI の使いこなし方を紹介していきます。

  • データ抽出
  • 文章要約
  • 文字起こし
  • 素材作成
  • プログラミングのコード生成
  • アイディア創出

データ抽出

生成 AI はデータ抽出に優れています。

利用者が調べたいことを質問すれば、生成 AI は膨大なデータの中から必要な情報を自動で特定し、関連性の高い結果を出力します。利用者はこれまで時間を要していたデータ検索・分析作業を大幅に削減できるのです。

生成 AI を活用すれば、企業・組織は求めているデータを迅速に抽出でき、意思決定や次のステップへと役立てられます。

文章要約

生成 AI は文書要約作業も効率化できます。

例えば、長文のドキュメントや報告書、記事などから要点を抽出し、それらをまとめてわかりやすくコンパクトな形式で提供してくれます。

生成 AI は、テキスト内の重要な情報を精度高く特定し、要約という形でアウトプットすることで、利用者は短時間で膨大な資料の要点を理解できるようになります。

複雑な文書もわかりやすく要点を理解できることで、企業の意思決定や研究、学習など、あらゆるシーンでの活用が期待されているのです。

文字起こし

生成 AI は文字起こし業務の効率化も実現できます。

従来、文字起こし作業には多大な時間と労力が必要でしたが、AI の進化により、利用者は手間をかけず瞬時に、書き起こし結果を得ることが可能になりました。

生成 AI を活用すれば、会議の議事録・講演・インタビューなど、音声で記録された情報を迅速かつ正確にテキスト形式に出力できます。

生成 AI を導入することで、文字起こしにかかる時間を削減でき、従業員はより創造的な業務に集中できるようになります。

素材作成

生成 AI は、Web サイトのアイコンや画像などの素材作成作業も効率化できます。

具体的な要望やテーマを生成 AI に伝えることで、独自性のある高品質なデザイン素材を短時間で生成してくれるのです。

生成 AI を使えば、従来の手作業やデザイナー作業から脱却でき、コスト削減・迅速な成果物生成を実現します。

生成 AI はフィードバックを学習し、デザインの質を徐々に向上できるため、Web サイトの魅力を高め、ユーザー体験を向上させることも可能でしょう。

プログラミングのコード生成

生成 AI はプログラミングのコード生成業務も効率化できます。

特定の機能やアルゴリズムの説明を 生成 AI に提供するだけで、瞬時にコードを生成してくれるため、繰り返し必要なコーディング作業の短縮が可能です。また、新しいプログラミング言語の学習工数を削減することにも役立ちます。

生成 AI はプログラミングコードのバグを検出し、修正提案を行うことも可能なため、ソフトウェアの品質も高められるでしょう。

生成 AI でコード生成することで、開発業務効率化を実現でき、開発者は新しいソフトウェアの戦略など、より価値の高い業務を行えるのです。

アイディア創出

生成 AI は、商品やサービスのキャッチコピー作成など、アイディア創出にも優れています。

例えば、製品の機能やメリット、ターゲットなどを 生成 AI に入力することで、独創的で魅力的なキャッチコピーを生成してくれます。

生成 AI を活用してアイディアを創出することで、従来に比べて創出活動の時間を削減できることはもちろん、これまで人が思いつかなかったような幅広い創造的な提案を得られるようになります。

生成 AI を使えば、消費者の注意を引きつけられるキャッチコピーを、これまでになく迅速かつ効果的に生成できるのです。

生成 AI で業務効率化を目指す Google Gemini がおすすめ

本記事では、生成 AI の業務効率化事例と使いこなし方について紹介しました。

生成 AI は、データ抽出から文章要約、音声データの文字起こし、Web サイト素材の作成、プログラミングコードの生成、商品・サービスのキャッチコピー創出まで、幅広い業務を効率化できます。

生成 AI にもさまざまな種類があります。 Google Geminiは、テキストだけでなく音声や画像、動画などさまざまなチャネルを元に、データ分析・情報整理・創造的なコンテンツを制作できます。利用者は、他の生成 AI で得られなかった情報を取得でき、これまで以上に企業の業務効率化を実現できるでしょう。

 

吉積情報WEB
吉積情報WEB
吉積情報株式会社WEB担当チーム、コラボラボではGoogle Workspaceに関するブログ記事を掲載しています。
<span id=生成 AI で変わる業務効率化!事例と使いこなし方を詳しく紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI で変わる業務効率化!事例と使いこなし方を詳しく紹介

詳細はこちら

<span id=生成 AI で変わる業務効率化!事例と使いこなし方を詳しく紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI で変わる業務効率化!事例と使いこなし方を詳しく紹介

詳細はこちら

<span id=生成 AI で変わる業務効率化!事例と使いこなし方を詳しく紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI で変わる業務効率化!事例と使いこなし方を詳しく紹介

詳細はこちら

<span id=生成 AI で変わる業務効率化!事例と使いこなし方を詳しく紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI で変わる業務効率化!事例と使いこなし方を詳しく紹介

詳細はこちら

オンラインセミナー開催中

お申込みはこちらをCheck!

関連する他の記事をよむ