吉積情報WEB

生成 AI を企業で利用しよう!活用法と重要な注意点も紹介

生成 AI を企業で利用しよう!活用法と重要な注意点も紹介

社内で生成 AI を利用する方法を知りたい、と調べているご担当者もいらっしゃるかと思います。生成 AI を活用することで、業務効率化はもちろん、新たな戦略にも役立てられることでしょう。

そこで本記事では生成 AI について概要と、企業における利用率、利用例、注意点について詳しく紹介していきます。

Duet AI for GWS_Banner

企業が利用するべき生成 AI とは

生成 AI とは、最新のディープラーニングモデルを活用したものです。

ユーザーが入力したデータを基に、高度なアルゴリズムを使用して関連性の高いアウトプットを生成します。

企業のビジネスにおいては、市場の動向分析・顧客のニーズ予測・コンテンツ制作など、多岐にわたる分野で応用が可能です。

新しい技術を駆使することで、企業の競争力を高め、効率的かつ効果的な業務運営が実現できるでしょう。

企業における生成 AI の利用率

近年の帝国データバンクの調査によると、61.1%の企業が生成 AI の活用を検討していることが明らかになりました。

これは、AI 技術の進展がビジネス戦略において重要な役割を果たしていることを示しています。

しかし、実際に生成 AI を利用している企業は9.1%にとどまっており、多くの企業がまだこの技術を導入の初期段階にあることが分かります。

上記ギャップは、企業が新技術を取り入れる際の課題や不確実性、さらには教育やリソースの必要性を浮き彫りにしています。

生成 AI の価値を生かすためには、企業は上記障壁を乗り越える必要があります。

生成 AI の効果的な企業利用例を紹介

生成 AI を効果的に利用している企業の例を紹介していきます。

A 社

A 社は、現状業務を可視化したところ、バックオフィス部門の問い合わせ対応が多かったことから、生成AIを活用することを決めました。

社内ポータルサイトが複数あるなど情報の検索性に課題があり、担当者に直接メールや電話で問い合わせる事が一般的となっていました。その結果、管理部門や情報システム部門では、社内問い合わせ対応によって本来の業務に支障が出ていました。

生成 AI を活用したところ、社内からの問い合わせ対応件数が毎月30%以上削減できました。一部の部門だけでも、年間1万3000件以上も発生していた問い合わせ件数を、約31%削減できたのです。

問い合わせに重要な FAQ の内容に関しては、IT に詳しくない部門が実施できること、また完全な内製化できるツールを選んでいます。

B 社

B 社では、生成 AI を利用して、自分だけのクリスマスカードを制作可能であることを Web サイトに公開しました。利用者は無料でできる上、プロンプトを追加することで修正を加えることができ、無料で楽しみながら取り組むことができます。

B 社は利用者が生成した画像や、画像の一部を自社の広告や SNS で紹介することで、ブランド力を高められているでしょう。

また、同社は西暦3000年をイメージした「未来のコーラ」を AI と共同開発し、期間限定で発売しました。そのようにすることで、これまでコーラに注目しなかったユーザーに対してエンゲージメントを深めることができ、新たな戦略に役立つのです。

C 社

C社では、2023年9月より、生成 AI を用いた社内情報検索システムを試験導入しています。

対象は、主に R&D 部門の社員を対象としており、将来的にグループ社内の技術情報を整理・集約することを考えているのです。

グループ内に点在した知見を生かし、商品開発の強化や業務効率化を目指します。

生成 AI を企業が利用する際の注意点

生成 AI を企業が利用する際の注意点について、以下3点を紹介します。

  • 正確性の確認
  • 法律違反の確認
  • セキュリティリスク

正確性の確認

企業が生成AIを利用する際、特に注意すべき点の一つが「アウトプットの正確性の確認」です。

生成 AI は大量のデータから情報を生成しますが、そのアウトプットには必ずしも正確性が保証されているわけではありません。

例えば、古いデータや偏った情報源に基づいて生成された内容には、時代遅れや偏見を含む可能性があります。また、複雑なトピックに対して AI が誤解を生じることもあります。

そのため、生成された情報をそのまま利用するのではなく、人が内容を検証し、必要に応じて修正するプロセスが重要です。

このように、AI の能力と限界を予め理解し、適切な監視と管理を行うことで、企業は生成 AI をより効果的に活用できるでしょう。

法令に違反していないか確認

企業が生成 AI を利用する際、アウトプットが肖像権や著作権などの法律に違反していないかを確認する必要があります。

生成 AI は、既存のテキスト、画像、音声データを元に新しいコンテンツを生成しますが、既存の作品を不適切に使用してしまう可能性があります。

例えば、特定の人物の肖像を無断で使用したり、著作権で保護されている文献や芸術作品を引用したりするケースも考えられ、法的な問題を引き起こす恐れがあります。

そのため、企業は AI が生成したコンテンツがこれらの権利を侵害していないかを慎重に確認し、必要に応じて許可を取得するか、代替のコンテンツを使用するなどの対策を講じるべきです。

このような配慮により、企業は法的リスクを避けつつ、生成 AI の利点を最大限に活用できるでしょう。

セキュリティリスク

企業が生成 AI を利用する際にセキュリティリスクにも気をつけなければなりません。

生成 AI に入力される情報は、しばしば他の回答の生成にも利用される可能性があります。

そのため、どの社内情報を AI に入力して良いのか、どの情報を避けるべきかという明確な線引きが必要です。

特に、機密情報・個人情報・知的財産などの敏感なデータは、外部に漏洩するリスクを伴うため、これらの情報の AI への入力は避けるべきと言えます。

企業は、利用する情報の種類と範囲を事前に定義し、従業員に対してその基準を明確に伝えることが重要です。

このような取り組みにより、企業は生成 AI の利点を享受しつつ、セキュリティリスクを最小限に抑えることが可能です。

企業は生成 AI を積極的に利用しよう

本記事では、生成 AI の概要と企業の利用率、活用例、注意点を説明しました。

生成 AI は多くの企業から注目されていますが、まだ利用率は低いです。利用するときには成功した事例を元に自社に取り入れることが大切です。

企業が生成 AI を利用するときは、アウトプットの正確性の確認、法令遵守、およびセキュリティリスクの管理などをしっかりと行いましょう。

注意点を意識することで、企業は生成 AI の潜在的な価値を安全かつ効果的に活用できるでしょう。

Duet AI for GWS_Banner

吉積情報WEB
吉積情報WEB
吉積情報株式会社WEB担当チーム、コラボラボではGoogle Workspaceに関するブログ記事を掲載しています。
<span id=生成 AI を企業で利用しよう!活用法と重要な注意点も紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI を企業で利用しよう!活用法と重要な注意点も紹介

詳細はこちら

<span id=生成 AI を企業で利用しよう!活用法と重要な注意点も紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI を企業で利用しよう!活用法と重要な注意点も紹介

詳細はこちら

<span id=生成 AI を企業で利用しよう!活用法と重要な注意点も紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI を企業で利用しよう!活用法と重要な注意点も紹介

詳細はこちら

<span id=生成 AI を企業で利用しよう!活用法と重要な注意点も紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI を企業で利用しよう!活用法と重要な注意点も紹介

詳細はこちら

オンラインセミナー開催中

お申込みはこちらをCheck!

関連する他の記事をよむ