吉積情報WEB

ChatGPT と Gemini (旧 Bard ) を徹底比較!メリット・リスクも詳しく紹介

ChatGPT と Bard を徹底比較!メリット・リスクも詳しく紹介

2023年、 Google が 人工知能サービス  Gemini (旧 Bard )の日本語版を公開しました。ChatGPT の活用が増える中、Google 開発の大規模言語モデル「 LaMDA 」が使われていることで、大きな期待が寄せられています。

本記事では、ChatGPT と Gemini を比較しながら、メリット・リスクを詳しく紹介していきます。

Duet AI for GWS_Banner

ChatGPT と Gemini (旧 Bard )の違い

まずは ChatGPT と Gemini (旧 Bard )の違いを、それぞれ見ていきましょう。

ChatGPT とは

ChatGPT は、OpenAI によって開発された対話型の人工知能( AI )チャットサービスです。

ユーザーが様々な質問やリクエストを行うと、AI がそれに応じた返答や情報提供を行います。

基本的に無料で利用可能ですが、より高度な機能や優先的なアクセスを提供する有料版も存在します。

ChatGPT はインターネット上の広範なデータをトレーニング素材として使用していますが、そのデータは常に最新のものではなく、本日時点から半年以上前の情報が含まれることもあります。

そのため、最新の情報やトレンドについては、時にその限界を持つことがありますが、多くの場面で有用な情報を提供し、日々の疑問や学習に役立つツールとして活用されています。

Gemini (旧 Bard )とは

Gemini (旧 Bard )は Google が提供する対話型AIサービスで、Google アカウントを持っていれば簡単に利用開始できます。

例えば Gmail や Google カレンダー、Google ドキュメントなど、Google の他のサービスとのシームレスな連携が可能で、日々の業務や生活をより効率的にすることができます。

Gemini の特徴の一つは、その提供するデータが常に最新である点で、最新の情報やトレンドに関する質問にも迅速かつ正確に対応することができます。また、Web ブラウザで完結しており、追加のアプリケーションをダウンロードする必要がありません。

さらに、 Gemini は無料で利用可能で、手軽にアクセスできる点も大きな魅力です。日常生活の質問からビジネス関連のリサーチまで、幅広い用途に対応しています。

ChatGPT と Gemini (旧 Bard ) それぞれに共通するメリット

ChatGPT と Gemini について、共通するメリットを以下4点紹介します。

  • 業務効率化
  • 情報収集が容易
  • 新たなアイディア創出の可能性
  • 翻訳にも活用可能

業務効率化

ChatGPT と Gemini は、どちらにも業務効率化のメリットがあります。

AI サービスは、煩雑な作業を効率化することに特に優れており、特にメール文の作成、マニュアルの制作、企画書の作成などの文書関連作業においてその力を発揮します。

上記作業は通常、多くの時間と労力を要しますが、ChatGPT や Gemini を活用することで、文書を迅速かつ正確に生成でき、時間の大幅な削減が可能となり、業務の効率化に大きく貢献します。

さらに、ユーザーの要望に応じたカスタマイズされた内容を提供するため、特定の業務やプロジェクトに合わせた文書作成が容易になり、ビジネス環境における作業負担の軽減と生産性の向上を実現できる重要なツールとなるのです。

情報収集が容易

ChatGPT と Gemini どちらも、情報収集が容易というメリットもあります。

どちらも幅広いデータベースに基づいて構築されており、一般的な情報から専門的な内容まで、ユーザーが必要とする情報をスムーズに提供できます。

そのため、ユーザーは時間をかけずに、必要な情報を迅速に集められるでしょう。さらに、一般情報だけでなく、専門的な分野に関する情報収集も可能なため、研究や調査を行う際に大いに役立ちます。

例えば、特定の科学的研究やビジネスの市場調査、技術開発に関する情報など、特定の分野に深く切り込んだ情報提供が可能です。

このように、ChatGPT と Gemini は多岐にわたる情報ニーズに応えることができ、情報収集の効率化に大きく貢献します。

新たなアイディア創出の可能性

ChatGPT と Gemini は、広範囲の情報にアクセスできるため、新たなアイディア創出の可能性があります。

この豊富な情報源は、利用者が新しい視点を得るのに役立ち、これまでにない独創的なアイディアや解決策を生み出すきっかけとなり得ます。

たとえば、ビジネスの戦略立案・製品開発・クリエイティブなコンテンツ制作など、多様な分野で新しい発想やインスピレーションを求める際に、ChatGPT や Gemini は幅広い情報を基にした提案を行えるでしょう。

このように、これらのサービスは単に情報を提供するだけでなく、利用者の思考プロセスを刺激し、新たなアイディア創出の可能性を広げる重要なツールです。

翻訳にも活用可能

ChatGPT と Gemini は、翻訳機能を活用して国際的な情報収集が可能です。

どちらも日本語だけでなく英語やその他の言語で書かれた情報もアクセスし、理解できます。この機能を利用することで、海外のニュース、研究論文、市場動向、文化的なコンテンツなど、幅広い海外情報を収集し、それを自身の言語に翻訳することが可能です。

多言語対応能力は、国際ビジネス、研究開発、教育などの分野で特に有用です。

例えば、海外の最新の業界トレンドを把握したり、外国語で書かれた専門的な資料を理解したりする際に、重要な役割を果たすでしょう。

また、異なる文化や言語背景を持つ人々とのコミュニケーションにおいても、これらの AI ツールは言語の壁を越えて情報を共有し、理解を深める手助けをしてくれます。

ChatGPT と Gemini (旧 Bard )それぞれが抱えるリスク

ChatGPT と Gemini (旧 Bard )について、それぞれ共通して抱えるリスクを以下3点紹介します。

  • 悪用リスク
  • 情報漏洩リスク
  • 事実に基づかない回答の可能性

悪用リスク

ChatGPT と Gemini には多くのメリットがありますが、「悪用リスク」を抱えています。

AI 技術の高度な能力は、悪意を持ったユーザーによってフィッシング詐欺や悪意のあるコードの生成など、不正な目的で使用される可能性があるのです。

例えばフィッシング詐欺では、ChatGPT や Gemini を使って説得力のある偽のメッセージやメールを作成し、個人情報を騙し取る試みが行われる恐れがあります。

また、セキュリティ上の脅威として、悪意のあるコードやマルウェアの生成にこれらのツールが使用される懸念もあります。AI の能力を利用して高度なセキュリティ侵害を企てることが可能になるため、個人や組織のセキュリティ対策に新たな課題をもたらします。

このように、高度な技術が悪用されることは、個人のプライバシーや企業のセキュリティにとって深刻な脅威となるため、これらのリスクを理解し、適切な対策と使用の監視が求められます。

情報漏洩リスク

ChatGPT と Gemini は、どちらもユーザーからの入力を学習の一部として利用することから、情報漏洩リスクがあります。ユーザーが入力する情報は、他の回答の生成に影響を与える可能性があるからです。

したがって、これらのプラットフォームを利用する際には、機密情報や個人的なデータを入力することに特に注意が必要です。

たとえば企業秘密・個人の身元情報・セキュリティに関連するデータなど、機密性の高い情報をこれらの AI サービスに提供すると、その情報が外部に漏洩するリスクが生じます。

これは、その情報が意図せず他のユーザーのクエリに関連する回答の生成に使用される可能性があるためです。

ChatGPT や Gemini を使用する際には、機密情報の扱いについて十分に注意することはもちろん、機密性の高い情報は極力入力しないようにすることが重要です。

ユーザーがこれらのサービスを安全に利用するためには、どのような情報を共有すべきでないかを理解し、適切な自己管理が求められます。

事実に基づかない回答の可能性

ChatGPT と Gemini は、AI に基づく回答を提供するため、常に完璧な情報が得られるとは限らないというリスクを抱えています。

どちらも事実に基づいているのではなく、学習したデータの中で単語が出現する頻度や関連性に基づいて文章を作成するため、提供される情報には、フェイクニュースや真偽不明の情報が含まれている可能性があります。

特に、インターネット上で広く共有されているが事実ではない情報や、誤った解釈に基づく内容が学習データに含まれることがあり、その結果 AI が誤った情報を提供するリスクが存在します。また、現在進行中の出来事や非常に最近の情報に対しては、最新のデータを反映していない可能性があるため、情報の時宜性にも注意が必要です。

このように、ChatGPT や Gemini を利用する際には、提供される回答が必ずしも事実に基づいているとは限らないという点を理解し、情報の確認と精査を行うことが重要です。

ChatGPT と Gemini (旧 Bard ) でお悩みなら まずは Gemini を試してみよう

ChatGPT と Gemini (旧 Bard ) どちらも多様な情報提供や業務効率化、アイデア創出など多くのメリットがありますが、それぞれ、悪用リスクや情報漏洩、事実に基づかない回答の可能性などリスクも伴うため注意が必要です。

ChatGPT は過去の広範なデータを基にした回答を提供する一方で、 Gemini は Google の最新の情報にアクセスできます。特に最新の情報を求める場合には Gemini の利用がおすすめです。

どちらか迷っているなら、まずは最新の情報に強い Gemini を試してみてはいかがでしょうか。

Duet AI for GWS_Banner

吉積情報WEB
吉積情報WEB
吉積情報株式会社WEB担当チーム、コラボラボではGoogle Workspaceに関するブログ記事を掲載しています。
<span id=ChatGPT と Gemini(旧 Bard )を徹底比較!メリット・リスクも詳しく紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

ChatGPT と Gemini(旧 Bard )を徹底比較!メリット・リスクも詳しく紹介

詳細はこちら

<span id=ChatGPT と Gemini(旧 Bard )を徹底比較!メリット・リスクも詳しく紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

ChatGPT と Gemini(旧 Bard )を徹底比較!メリット・リスクも詳しく紹介

詳細はこちら

<span id=ChatGPT と Gemini(旧 Bard )を徹底比較!メリット・リスクも詳しく紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

ChatGPT と Gemini(旧 Bard )を徹底比較!メリット・リスクも詳しく紹介

詳細はこちら

<span id=ChatGPT と Gemini(旧 Bard )を徹底比較!メリット・リスクも詳しく紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

ChatGPT と Gemini(旧 Bard )を徹底比較!メリット・リスクも詳しく紹介

詳細はこちら

オンラインセミナー開催中

お申込みはこちらをCheck!

関連する他の記事をよむ