吉積情報WEB

生成 AI のセキュリティリスクと対策!脅威に立ち向かう方法も紹介

生成 AI のセキュリティリスクと対策!脅威に立ち向かう方法も紹介

生成 AI にはセキュリティリスクがつきものです。例えば、外部脅威・内部脅威からの攻撃、偽情報発信などがあり、利用者は、事前に生成 AI のセキュリティについて把握した上で、必要な対策を打ち想定できるリスクを未然に防ぐことが重要です。

そこで本記事では、生成 AI のセキュリティリスクと対策に加えて、脅威に立ち向かうための方法について紹介していきます。

Duet AI for GWS_Banner

生成 AI とは

生成 AI は、新しいコンテンツを自動的に作成する人工知能の一種です。

テキスト、画像、音楽、またはその他のメディア形式のデータを分析し、学習して、元のデータに似た新しいコンテンツを生成します。

例えば、文章を書いたり、芸術作品を描いたり、音楽を作曲したりすることができます。

この技術は、大量のデータからパターンを学習する深層学習モデルに基づいています。

生成 AI は、クリエイティブな産業、コンテンツ生成、ビジネスプロセスの自動化など、さまざまな分野で応用されているのです。

生成 AI のセキュリティリスク

生成 AI のセキュリティリスクについて、以下3点を説明します。

  • 外部による情報漏洩
  • 内部による情報漏洩
  • 偽情報発信

外部による情報漏洩

生成 AI のセキュリティリスクの一つに、外部による情報漏洩があります。

例えば、生成 AI の一形態であるAIチャットボットは、外部からの攻撃による情報漏洩のリスクを持っています。

ハッカーは、チャットボットのセキュリティの弱点を突いてアクセスを試み、機密情報を盗み出すことが可能なため、ボットが保存またはアクセスする個人情報、ビジネスデータ、その他の敏感な情報が危険にさらされる可能性があります。

さらに、ボットがユーザーの質問に応じて誤った情報を提供するように操作される可能性もあります。

そのため、AI チャットボットを利用する際は、データ暗号化・アクセス制御・定期的なセキュリティ監査などの対策を施し、外部からの攻撃に対する脆弱性を最小限に抑え、情報漏洩のリスクを軽減することが大切です。

内部による情報漏洩

生成 AI のセキュリティリスクには、内部による情報漏洩もあります。

企業や組織内で使用される場合、社内の機密情報が誤って AI システムに入力されると、この情報が AI の学習データの一部として取り込まれる危険があります。

その結果、AI が学習した内容が他社や他人との対話で使用されることで、機密情報が意図せず外部に漏れるリスクが生じます。

例えば、AI が過去の対話データを基にレスポンスを生成する際に、機密情報が含まれる可能性があるのです。

上記問題を防ぐためには、AI システムへの入力データを厳格に管理し、機密情報が誤って取り込まれないようにすること、また AI の応答を監視して機密情報が外部に漏れないようにすることが重要です。

偽情報発信

生成 AI のセキュリティリスクには、偽情報発信も挙げられ、偽の画像・動画・音声などを作成し、これらを実際のものとして発信することにより生じます。

特にディープフェイク技術などを用いることで、実在する人物が実際には言っていない言葉を話す動画や、実際には存在しない人物の画像を生成することが可能です。

これにより、誤解を招く情報が拡散され、公共の場における信頼性の低下や、個人の名誉を害するなどの深刻な問題が発生する可能性があります。

偽情報の発信は、政治的な目的で使われることもあり、社会的な混乱を引き起こす危険性があるため、生成 AI の利用には倫理的なガイドラインの設定と厳格な管理が求められます。

生成 AI セキュリティリスクへの対策

生成 AI に関するセキュリティリスクへの対策として、以下3点を紹介します。

  • ガイドラインの整備
  • AI セキュリティサービス導入
  • 生成 AI のセキュリティレベル向上

ガイドラインの整備

生成 AI のセキュリティリスクへの対策として、ガイドラインの整備が重要です。

例えば、利用者が AI を使用する際に機密情報を入力しないよう注意を促す社内教育や研修が含まれます。

AI の安全な利用方法を明確にし、リスクを最小限に抑えるためにもセキュリティガイドラインの作成が不可欠です。

どのような情報が共有されてはならないか、どのような使用方法が許可されているかを定める内容かを含めましょう。

機密情報の漏洩や偽情報の拡散などのリスクを防ぐためにもAI 利用に関するルールの整備が重要です。

AI セキュリティサービス導入

生成 AI セキュリティリスクへの対策として、AI がセキュリティ担当者の作業を代行し、ネットワークやシステムに対する攻撃を効率的に識別するような、セキュリティサービスの導入が有効です。

AI は高度な分析能力を持ち、攻撃者がどのような経路でシステムに侵入したのか、デバイスが影響を受けているかを迅速に特定でき、情報を基に、有効な対策を提案することが可能です。

例えば、侵入された経路を特定し、そのルートを封じるセキュリティ対策や、感染したデバイスに対する隔離措置などを行います。

これにより、攻撃の拡散を防ぎ、セキュリティリスクを効果的に管理することができます。

AI セキュリティサービスの導入は、迅速な対応と高度な分析により、複雑化するサイバー脅威に対抗するための強力な手段となります。

生成 AI のセキュリティレベル向上

生成 AI セキュリティリスクへの対策では、生成 AI のセキュリティレベル向上も重要です。

具体的には、AI 自体のアルゴリズムを常に最新の状態に保ち、セキュリティに関連する脆弱性やバグを継続的に修正することが重要となるでしょう。

また、AI が生成する内容のモニタリングと分析を強化し、不審な活動や異常なパターンを早期に検出することも必要です。

さらに、AI システムに対する定期的なセキュリティテストやオーディットを実施し、新たに出現する脅威に対しても迅速に対応できるような体制を整えることが求められます。

上記により、生成 AI が外部からの攻撃や内部からの情報漏洩などのリスクに効果的に対処し、安全性を高めることが可能です。

生成 AI のセキュリティ脅威に立ち向かう方法

生成 AI のセキュリティレベルを向上し脅威に立ち向かう方法を、以下3点紹介します。

  • 攻撃に備えた学習
  • セキュリティ対策のアップデート
  • 機械に頼りすぎないこと

攻撃に備えた学習

生成 AI のセキュリティ脅威に対処するためには、AI に攻撃に備えたデータを取り入れて、特定のパターンを学習させる、攻撃に備えた学習が重要です。

例えば、AI に迷惑メールの特徴やパターンを学習させることで、受信したメールが安全かどうかを判断し、自動的に適切なフォルダに振り分けることが挙げられます。

AI は継続的に新しい脅威のパターンを学習し、進化する攻撃手法に対応することで、AI は未知の攻撃や複雑な脅威を効率的に識別し、対処する能力を高めることができます。

攻撃に備えた学習は、生成 AI を使ったセキュリティシステムをより堅牢にし、潜在的なリスクに迅速に反応するための重要な手段となるでしょう。

セキュリティ対策のアップデート

生成 AI のセキュリティ脅威に対抗するためには、セキュリティ対策のアップデートも大切です。

アップデートすることで、先端のセキュリティ動向を常に把握し、新たなリスクや脅威に対応するための対策を継続的に更新し強化することが可能となります。

テクノロジーは日々進化を遂げており、サイバー攻撃も同様に進化しています。そのため、セキュリティ対策は一度設定したら終わりではなく、常に最新の脅威を把握し、それに応じて対策を見直し続ける必要があります。

例えば、セキュリティソフトウェアの更新、脅威検出手法の改善、従業員への教育とトレーニングの強化などが含まれます。

また、業界のセキュリティトレンドや新しい攻撃手法についても常に情報を収集し、対応策を進化させることが求められます。

生成 AI のセキュリティ対策を定期的にアップデートし続けることで、複雑化するセキュリティ脅威に効果的に対処することが可能になります。

機械に頼りすぎないこと

AI や自動化技術が高度に発達している現代において、全てを機械に任せるのではなく、人の意識や判断力を重視することが不可欠です。

AI は高度な分析や処理を行えますが、根本的な倫理判断や複雑な状況下での微妙な判断は、人が行う必要があります。

したがって、AI システムの監視や管理においては、人の介入と監督が不可欠であり、AIの提案や分析結果に対して、人間が最終的な判断を下すことが重要です。

また、AI が誤った情報を学習したり、予期せぬ方法で機能したりする可能性も考慮に入れ、そのような状況に対処するためにも人の関与が必要です。このように、AI の利用においては、テクノロジーの利点を活用しつつも、人の意識と判断力を大切にするバランスが求められます。

セキュリティの高い生成 AI を利用しよう

本記事では、生成 AI のセキュリティリスクと対策、脅威に立ち向かうための必要な方法について紹介しました。生成 AI は利便性が高いものの、外部・内部からの脅威や偽情報発信などのリスクは避けられません。ガイドライン整備やセキュリティサービスの導入、AI のセキュリティレベル向上が対策として挙げられますが、それだけでは十分とは言えません。

生成 AIを利用するときには、予め攻撃に備えた学習をすることや、セキュリティ対策のアップデートすることはもちろん、AI に頼りすぎずに最終チェックは人の手で必ず行うようにするなど注意しながら活用しましょう。

セキュリティの高い 生成 AI として、Google の生成 AI 、 Gemini (旧 Bard ) がおすすめです。生成 AI をこれから導入する方は、ぜひご検討ください。

Duet AI for GWS_Banner

 

吉積情報WEB
吉積情報WEB
吉積情報株式会社WEB担当チーム、コラボラボではGoogle Workspaceに関するブログ記事を掲載しています。
<span id=生成 AI のセキュリティリスクと対策!脅威に立ち向かう方法も紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI のセキュリティリスクと対策!脅威に立ち向かう方法も紹介

詳細はこちら

<span id=生成 AI のセキュリティリスクと対策!脅威に立ち向かう方法も紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI のセキュリティリスクと対策!脅威に立ち向かう方法も紹介

詳細はこちら

<span id=生成 AI のセキュリティリスクと対策!脅威に立ち向かう方法も紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI のセキュリティリスクと対策!脅威に立ち向かう方法も紹介

詳細はこちら

<span id=生成 AI のセキュリティリスクと対策!脅威に立ち向かう方法も紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

生成 AI のセキュリティリスクと対策!脅威に立ち向かう方法も紹介

詳細はこちら

オンラインセミナー開催中

お申込みはこちらをCheck!

関連する他の記事をよむ