吉積情報WEB

ChatGPT が苦手なことを克服しよう!活用ポイントを詳しく紹介

ChatGPT が苦手なことを克服しよう!活用ポイントを詳しく紹介

ChatGPT が会話型 AI として登場して以来、多くの業務や日常生活での利用する人が増え、活用の幅を広げています。しかし、ChatGPT にも苦手なことがあります。

本記事では、ChatGPT が苦手なことを掘り下げていき、活用ポイントについても触れていきます。

Generative-AI-Business-efficiency-improvement_eyecatch

 

ChatGPT が苦手なこととは

まずは、ChatGPT が苦手なことを説明していきます。

  • 複雑なルールの理解
  • 抽象的な概念の理解
  • 計算能力の限界
  • 人間らしさ
  • 事実としてとらえること
  • 翻訳精度

複雑なルールの理解

ChatGPT は複雑なルールの理解が苦手です。

利用者からの指示が漠然としていたり、質問の仕方が曖昧な場合や不完全である場合、ChatGPT は利用者の意図を正確に把握し、適切な回答を生成することが難しくなります。

複雑なルールを ChatGPT に理解させたい場合は、プロンプトを活用するなど、具体的でわかりやすい説明を心掛けましょう。

抽象的な概念の理解

ChatGPT は創造性や直感など、抽象的な概念の理解も苦手です。

ChatGPT は大量のデータや既知の情報を元に、一貫したルールや論理に基づいて処理しています。個々の経験や感情など主観的な要素が含まれてる内容には適していません。

そのため、抽象的な概念を理解することも難しいです。

計算能力の限界

ChatGPT には計算能力の限界があり、複雑な計算やデータ分析を行う際、回答に誤りがある場合があります。

そのため、大量データを扱う場合や、高度な計算が必要な状況では、その処理能力の限界により、正確な結果を提供することが難しいでしょう。

ChatGPT は情報収集や単純な質問には強いものの、時に間違った答えを回答することもあるため、利用者は、回答結果が必ずしも正確ではない、と理解しておく必要があります。

人間らしさ

ChatGPT は人間の感情的なニュアンスを捉えることが苦手です。

ChatGPT は大量のテキストデータから学習していますが、人間の感情や微妙な表現を完全に理解し、再現することには限界があります。

そのため、時に感情表現を欠いた回答を出力することがあるので注意しましょう。

事実としてとらえること

ChatGPT はインターネット上の情報を元に回答を出力するため、情報源の正確性・信頼性を常に確認することはできません。一般的に誤解を与える情報を、事実として提示してしまうこともあります。

ChatGPT で生成した回答をそのまま公開すると、誤った情報が真実であるかのように扱われるなど、拡散してしまうリスクがあります。

そのため、利用者は ChatGPT から提供された情報を鵜呑みにせず、正確かどうかを自身の目で調べることが大切です。

翻訳精度

ChatGPT は翻訳精度にも限界があります。

言語には、それぞれ独自の文化的背景・表現方法があるため、ChatGPT が細かな違いを 理解して、適切に翻訳するといったようなことはできません。

ChatGPT の翻訳は、時に文脈を誤解したり、言語特有の表現を見逃したりすることがありますので翻訳で使用するときは、必ず人によるチェックを行いましょう。

ChatGPT が苦手なことを避けて活用するポイント

ここからは、苦手なことを避けて ChatGPT を活用するポイントを紹介していきます。

  • 具体的に質問する
  • 必要な情報を提供する
  • 回答内容を評価する
  • 生成 AI を使い分ける

具体的に質問する

1つ目のポイントは、具体的に質問することです。

質問をするときには、5W1H ( Who, What, When, Where, Why, How ) を意識することが重要です。例えば、「東京の桜の2024年の開花時期はいつですか?」のように、「東京」( Where )と「2024年」( When ) 「桜の開花時期」( What ) を指定すれば、「桜はいつ開花しますか?」に比べてより正確な回答を得やすくなります。

具体例を挙げて説明を加えることで、ChatGPT は質問の意図をより正確に把握し、適切な回答を提供できるのです。

必要な情報を提供する

2つ目のポイントは、必要な情報を提供することです。

ChatGPT は入力された情報から回答を生成しますが、質問に必要な情報が不足している場合、正確な回答を得ることが難しいです。

例えば、特定の状況下でのアドバイスを求める場合、その状況の詳細を伝えることが重要です。不足している情報を事前に補足して、質問の意図を明確にすることで、ChatGPT の能力を最大限に引き出せるのです。

回答内容を評価する

3つ目のポイントは、回答内容を評価することです。

ChatGPT からの回答をただそのまま受け取るだけでなく、ChatGPT が返した内容について、良かった・良くなかったなどを評価しましょう。

例えば回答が不完全である場合や、より詳細な説明が必要な場合には、その旨を指摘し、具体的な改善点を提示することが効果的です。

積極的にフィードバックし続けることで、今後より精度の高い回答を得ることが可能でしょう。

生成 AI を使い分ける

4つ目のポイントは、生成 AI を使い分けることです。

ChatGPT は、テキスト情報を元に、情報収集、回答生成することに優れていますが、複雑なルールや抽象的な概念や人の感情など苦手なこともあります。そのため、ChatGPT が不得意とすることは、他の AI を活用することも一つの方法です。

Google Gemini はテキスト・画像・音声・動画・コードなど、複数のデータタイプを理解して操作できるため、複雑なルールにも対応できる可能性が高いです。利用者は自身が思いつかない創造性豊かなコンテンツを制作できるようになり、生成 AI の活用幅をこれまで以上に広げられるでしょう。

自身や組織の実現したいことに合わせて、適した生成 AI を選ぶことをおすすめします。

ChatGPT なら Gemini 活用もおすすめ

本記事では、ChatGPT の苦手なことと活用ポイントについて説明しました。

ChatGPT が不得意としている内容は、Google Gemini でぜひお試しください。

Google Gemini は、テキスト・画像・音声・動画・コードなど、複数のデータタイプを扱えるため ChatGPT とは異なるアプローチができます。Gemini を活用すれば、これまで気づかなかった視点やアイディアを提供してくれるかもしれません。

また、Google Workspace のアプリをより効率化でき、業務効率化にも繋がります。生成 AI を活用するときは、ChatGPT と Gemini を上手く使い分けて、AI の可能性を最大限に引き出しましょう。

Generative-AI-Business-efficiency-improvement_eyecatch

 

吉積情報WEB
吉積情報WEB
吉積情報株式会社WEB担当チーム、コラボラボではGoogle Workspaceに関するブログ記事を掲載しています。
<span id=ChatGPT が苦手なことを克服しよう!活用ポイントを詳しく紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

ChatGPT が苦手なことを克服しよう!活用ポイントを詳しく紹介

詳細はこちら

<span id=ChatGPT が苦手なことを克服しよう!活用ポイントを詳しく紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

ChatGPT が苦手なことを克服しよう!活用ポイントを詳しく紹介

詳細はこちら

<span id=ChatGPT が苦手なことを克服しよう!活用ポイントを詳しく紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

ChatGPT が苦手なことを克服しよう!活用ポイントを詳しく紹介

詳細はこちら

<span id=ChatGPT が苦手なことを克服しよう!活用ポイントを詳しく紹介" loading="lazy">

14:00-15:00 オンライン

ChatGPT が苦手なことを克服しよう!活用ポイントを詳しく紹介

詳細はこちら

オンラインセミナー開催中

お申込みはこちらをCheck!

関連する他の記事をよむ