堀川 茉莉絵

Google Workspace 資格を狙うなら読むべき!詳細・メリット・勉強方法も詳しく紹介

Google Workspace 資格を狙うなら読むべき!詳細・メリット・勉強方法も詳しく紹介サムネイル画像

Google Workspace の資格には何があるのだろう、どのような内容が出題されるのだろう、と調べている方もいらっしゃるかと思います。Google Workspace には上級管理者向けの資格として、Professional Google Workspace Administrator ( PGWA )があります。

本記事では Google Workspace の資格 Professional Google Workspace Administrator について、試験詳細・メリット・勉強方法を詳しく紹介していきます。

Google Workspace の認定資格とは

Google Workspace の認定資格には、Google Workspace の専門知識が高いことを示す資格である「 Professional Google Workspace Administrator( PGWA )」があります。

この資格では、Google Workspace の知識を保有していることはもちろん、IT に関する幅広い知識が問われます。具体的には、Google Workspace 構成を始め、一般的なポリシー・セキュリティ対策・共同作業・ネットワーク通信・セキュリティ・プログラミング言語などの知識が必要です。

その知識を取得した上で、Google Workspace 管理者は、グループウェアの設定はもちろん、外部サービスと接続するための API の使用、ワークフローの自動設定も行える必要があります。さらに、エンドユーザーに対して教育も行うため、資格取得には幅広い知識が必要なのです。

Google Workspace 試験の詳細

Google Workspace 試験の詳細として、以下3点を紹介します。

  • 試験概要
  • 出題範囲
  • 必要な知識と難易度

試験概要

まずは、試験概要として以下表の通りです。

試験時間

2時間

問題数

50問

回答方式

選択方式(複数の選択肢より選択)

受験方法

オンライン・テストセンターから選択

受験費用

200ドル

言語

英語と日本語に対応

試験時間は2時間と、50問にしては十分な時間にも見えますが、試験問題が難しい場合一つひとつの設問に時間を取られるため、注意が必要です。

受験方法として、自宅で受けるオンライン方式か、テストセンターに行き受験する方法から選べます。受験費用は200ドルのため、為替相場によって変動があります。言語は英語と日本語に対応しています。

出題範囲

Google Workspace の資格「 Professional Google Workspace Administrator( PGWA )」の出題範囲は以下の通りです。

  • オブジェクトの管理
    ユーザーのアカウントの作成や設定、グループ設定、アクセス権などのセキュリティ設定、プロビジョニング管理などの知識が問われます。
  • サービスの構成
    Google Workspace を企業に実装・管理するための幅広い知識が問われます。
  • トラブルシューティング
    ユーザーから報告されるトラブルシューティングに必要な知識が問われます。サポートチームとの連携に必要なトラブルシューティング知識とログとレポートの収集知識も必要です。
  • データのアクセスと認証
    デバイスポリシー、 ガバナンスポリシーに基づく 構成および実装とアクセス制御リストの共有などの知識が問われます。
  • ビジネス イニシアチブのサポート
    データ保持ルールの設定、レポートの監査など、法的取り組みに対応するための知識が問われます。

必要な知識と難易度

試験に必要な知識と難易度を説明します。

まずは、Google Workspace のサービス・機能の知識が求められます。加えて、IT 基礎知識、システム・サーバー・ネットワーク・プロトコルなど幅広いシステム系の基本知識も必須です。

細かなところであげると、ユーザー・グループアカウント管理・他システムとの ID 連携・シングルサインオン・セキュリティ・ディレクトリサービスに関する基礎知識も必要になります。

Professional Google Workspace Administrator は、Google Workspace のサービスを隅々まで理解していることはもちろん、高度な IT 管理者としての知識も必要なため、基本的に難易度は高いです。通常システム管理者として働いていて、 Google Workspace を日常的に使っている方ならすぐに理解できるかもしれませんが、そうでない方は、まずは IT 知識の基礎を固めて、しっかりと勉強することが必要です。

Google Workspace の試験を取得するメリット

ここからは、Google Workspace の試験を取得するメリットについて、以下3点を説明します。

  • スキルアップ
  • 昇進・昇格
  • 賃金アップ

スキルアップ

1つ目のメリットはスキルアップです。

Professional Google Workspace Administrator を取得することで、グループウェアの機能はもちろん、クラウド関連、IT 全般のスキルがアップし、自信がつきます。

Google Workspace は、ドキュメント作成からスケジュール管理、コミュニケーションツールまで幅広い機能をクラウド上で提供しています。試験を通して、これらの知識やテクニックを習得できるため、日常業務の効率化だけでなく、ビジネスの可能性も広がるでしょう。

Professional Google Workspace Administrator を取得することは、自身のクラウド関連のスキルを高め、より自信を持って業務に取り組むための一歩と言えるでしょう。

昇進・昇格

2つ目のメリットは、昇進・昇格です。

Google 社の調査データによると、Google Cloud の認定資格を持つ4人に1人以上が、資格取得後に、以前よりも責任ある仕事やリーダーの役割を任されています。これは、Google Cloud の認定資格が、業界での専門性や能力が高いと評価されている証拠です。

資格取得を目指す背景として、キャリアの向上や業務の幅を広げたい、という思いが多くの人にあるでしょう。試験に合格することで、その能力や知識が公式に認められ、組織内での信頼や評価も上がることが期待されます。

認定資格を持つことで得られる新しい視点やアプローチ方法により、個人の業務の質が認められ、昇進・昇格に繋がるでしょう。

賃金アップ

3つ目のメリットは、賃金アップです。

2022年のデータによると、最も高収入が得られる IT 認定資格のリストに、複数の Google Cloud 認定資格が含まれており、Google Cloud の技術やサービスが業界での需要が非常に高いことを示しています。( Global Knowledge 2022 IT Skills and Salary Survey を参考)

Google Workspace の試験を取得することで、企業や組織が求めるクラウド関連のスキルや知識を持つことが公認され、雇用時の交渉や昇進の際の賃金アップに有利に働きます。また、高収入を求めるフリーランスやコンサルタントとして活動する際にも、 Google Cloud 認定資格は強力な武器となり得ます。

Google Workspace の資格の勉強方法

Google Workspace の資格の勉強方法について、以下3点を紹介します。

  • オフィシャル教材
  • 独学
  • 認定パートナーへの相談

オフィシャル教材

1つ目はオフィシャル教材です。

Professional Google Workspace Administrator( PGWA )の勉強を始めるには、まずは Google 社が試験対策用として公開している試験ガイドやトレーニング、Web セミナーを受ける方法があります。これらの教材は、試験内容をしっかりとカバーしており、資格取得を目指す方々にとって信頼性が高いでしょう。

オフィシャル教材の多くは英語で提供されています。専門用語やビジネス英語のスキルアップにも繋がりますが、英語の苦手な方は時間をかけて勉強することが大切です。

独学

2つ目は、独学です。

独学で学ぶメリットは、自分のペースでじっくりと勉強することができること、費用も抑えられることです。例えば、試験対策として市販されている参考書やガイドブックを活用する方法があるでしょう。

試験対策の本は、Google Workspace の資格試験に特化した内容がまとめられており、試験範囲や出題傾向、具体的な問題とその解答などが詳細に記載されています。これらの本を利用することで、効率的に学習を進めることができます。

また、模擬試験や過去問の類似問題が掲載されているため、実際の試験を想定したトレーニングも行えます。模擬試験を繰り返し解くことで、試験の難易度や時間管理に慣れるでしょう。

認定パートナーへの相談

3つ目は、認定パートナーへの相談です。

Professional Google Workspace Administrator を効率的に取得するためには、認定パートナーへの相談も有効です。

Google が認定した最上位パートナーには、Google Cloud の高資格を持つ専門家たちが在籍しており、Google Workspace の資格取得に関する深い知識と経験を持っています。そのようなプロフェッショナルな方に相談することで、Google Workspace の知識がより深まるでしょう。

Google が認定した最上位パートナーの吉積情報システムは、以下ご相談に対応しています。Google Workspace の知識を深めたい方は一度ご相談ください。

  • 導入までの運用までのご相談・サポート
  • Google Workspace 切り替えプログラム MY STARTのご相談
  • 継続的な運用サポート
  • メールサポート
  • オンラインドキュメント

Google Workspace 資格保有者に朗報!

吉積情報およびクラウドエースでは社員の資格取得を応援し、資格手当として頑張りを評価します。
スキルアップに対する支援をバックアップしています。Google Cloudやその他指定の技術資格に合格すれば、お祝い金の他に資格手当が毎月支給されます。(月最大6万円)※2023年9月現在

吉積情報・クラウドエースの求人が気になった方はこちらをご確認ください

まとめ

本記事では、Google Workspace の資格 Professional Google Workspace Administrator ( PGWA )について、試験詳細・メリット・勉強方法を詳しく紹介しました。

Professional Google Workspace Administrator は、Google Workspace の専門知識はもちろん、IT の幅広い知識も問われます。

資格を効率的に取得するためには、認定パートナーへの相談がおすすめです。

吉積情報およびクラウドエースでは、スキルアップへの支援をバックアップしており、資格に合格することで、お祝い金・資格手当も支給されます。

Google Workspace の資格を取得しようと考えている方は、吉積情報までご相談ください。

堀川 茉莉絵
堀川 茉莉絵
吉積情報株式会社 マーケティング部部長。 新しいものとAIが大好きなマーケティングオタク
非エンジニア歓迎!基礎から活用シーンまで学べる! AppSheet を使った現場DX入門セミナー

14:00-15:00 オンライン

非エンジニア歓迎!基礎から活用シーンまで学べる! AppSheet を使った現場DX入門セミナー

詳細はこちら

Google Workspace で実現する情報漏えい対策の決定版セミナー

14:00-15:00 オンライン

Google Workspace で実現する情報漏えい対策の決定版セミナー

詳細はこちら

【生成AIの今とこれから】Gemini for Google Workspace で加速するビジネスセミナー

14:00-15:00 オンライン

【生成AIの今とこれから】Gemini for Google Workspace で加速するビジネスセミナー

詳細はこちら

エンジニア不足はもう怖くない!AppSheet 導入事例とプラン選定の要所セミナー

14:00-15:00 オンライン

エンジニア不足はもう怖くない!AppSheet 導入事例とプラン選定の要所セミナー

詳細はこちら

オンラインセミナー開催中

お申込みはこちらをCheck!