吉積情報WEB

ノーコード開発とは何か?メリット・注意点・適したツール・AppSheet の活用例まで詳しく紹介

ノーコード開発とは何か?メリット・注意点・適したツール・AppSheet の活用例まで詳しく紹介サムネイル画像

近年、ノーコード開発という言葉を聞く機会も多いと思います。ノーコード開発とは、画面イメージを見ながら、誰でも簡単にアプリ開発をする方法のことです。従来のようなプログラミング言語を使う必要がありません。ノーコード開発ツールにはさまざまな種類があるため、それぞれ機能の違いや操作性などを確認の上、自社に適しているかを見極めることが大切です。

そこで本記事では、ノーコード開発について概要とメリット、注意点、適したツールを紹介するとともに、吉積情報がご提案する AppSheet の活用例まで触れていきます。

ノーコード開発とは

ノーコード開発とは、従来のプログラミング言語を用いて、ソースコードを書くことなく、アプリやソフトウェアを開発する方法のことです。

例えば、ドラッグ・アンド・ドロップのような直感的な操作で機能を組み立て、アプリを実装することができます。プログラミングの知識がなくても複雑なアプリを迅速に作成でき、開発プロセスを大幅に短縮化できるでしょう。

ノーコード開発ツールを活用すれば、従来のアナログ業務を簡単にデジタル化でき、DX促進にも繋がります。また、従来のプログラミング開発に比べて、コスト削減やリソースの有効活用も可能です。

ノーコード開発は、プログラミングなど専門知識や技術力を持たない社員でも、より簡単に、アプリ・ソフトウェア開発ができるのです。

ノーコード開発とローコード開発との違い

ノーコード開発とローコード開発は、どちらもプログラミングの知識が少ない人でも、アプリを開発できるように設計されている方法ですが、それぞれ違いがあります。

ノーコード開発とは、プログラミング言語に全く触れることがない手法のことです。ドラッグ&ドロップの操作で機能を組み合わせ、アプリを作成していきます。

ローコード開発とは、プログラミング言語を極力使わなくする手法のことです。基本的なフレームワークや機能が既に用意されているため、開発者は最小限のコーディングでアプリ開発ができます。複雑なカスタマイズにも対応可能ですが、ノーコードに比べて、プログラミング知識が必要です。

ノーコードは完全にプログラミングレスであり、直感的でシンプルな操作性でアプリ開発ができることに対し、ローコードは柔軟性とカスタマイズ性を備えるものの、一定のプログラミング言語知識が必要です。

ノーコード開発のメリット

ここからはノーコード開発のメリットについて、以下3点を紹介します。

  • 専門知識不要
  • コスト削減
  • リリース期間の短縮

専門知識不要

1つ目は、専門知識が不要なことです。

ノーコード開発では、プログラミングコードを記述する必要が一切ありません。

そのため、プログラミングの専門知識がない方でも、画面を見ながら直感的に操作することで、アプリ開発を行えます。ドラッグ&ドロップやシンプルな選択操作で機能を組み合わせていくため、従来に比べて、開発の手間を大幅に削減可能です。

コスト削減

2つ目は、コスト削減です。

従来の、プログラミング言語を使ったアプリ開発では、技術力の高い開発者や、外部業者に委託する必要がありました。そのため、高額な費用がかかり、小規模企業やスタートアップにとっては大きな負担となっていました。

ノーコード開発では、プログラミングのコーディングの知識がなくても、直感的な画面イメージを見ながら誰でもアプリ開発できるため、専門的な開発者や外部業者も必要もありません。そのため、開発にかかる人件費や時間も大幅に削減できます。

自社内で簡単にアプリ開発できるようになれば、修正やアップデートも迅速に行え、ランニングコストを抑えられます。ノーコード開発ツールを使用することで、企業は自社内で誰でもアプリ開発ができ、コストを削減できるのです。

リリース期間の短縮

3つ目は、リリース期間の短縮です。

従来のプログラミングに比べて、ノーコード開発では簡単にアプリ開発が可能です。直感的な操作で機能を組み合わせていくため、複雑なコーディングも必要ありません。そのため、外部業者に開発を委託して、アプリが完成するのを長期間待つ必要がなくなります。

また、ノーコード開発は誰でも簡単にアプリ開発ができ、プログラミングスキルも必要ありません。そのため、誰でも短期間で開発ツールの使用方法を習得し、すぐに開発作業に着手することが可能です。さらに、アプリの修正やアップデートも迅速に行えます。

ノーコード開発は、従来の方法に比べて迅速にアプリ開発できるため、リリース期間の短縮が可能です。

ノーコード開発の注意点

ノーコード開発は多くのメリットを持つ一方で、注意すべき点もあります。ここでは、ノーコード開発の注意点を、以下2点紹介します。

  • 複雑な開発には向いていない
  • ツールの機能に依存する

複雑な開発には向いていない

ノーコード開発では、ドラッグ&ドロップなど直感的な操作が可能ですが、大規模な開発プロジェクトや、高度なカスタマイズが必要とされる複雑な開発には不向きと言えます。

ノーコード開発のツールには、使用できる機能が既に用意されており、その範囲内でのみ開発することが可能です。そのため、独自の機能・操作画面など、自社オリジナルの内容を実装することは難しいです。

ノーコード開発ツールでは、簡単なアプリや、業務プロセスのデジタル化など、比較的単純な用途に向いています。自社独自の業務でアプリを実装したいなど、複雑な開発が求められる場合は、従来のプログラミング言語を使った開発手法や、ローコードの選択も検討すべきです。

ツールの機能に依存する

ノーコード開発は、プログラミング知識が不要で、簡単にアプリを開発できますが、機能やデザイン、操作性に関しては、選択したツールで大きく変わります。

各ツールのテンプレートやデザインに基づいてアプリを開発するため、企業独自のデザインや操作性を実現するのは難しいです。また、ツール側で機能アップデートが生じた場合、開発したアプリにも影響を与える可能性があります。

ノーコード開発ツールでは、簡単かつ迅速にアプリ開発ができますが、機能制限など、ツールに依存する部分があることも、しっかりと理解しておくことが大切です。

ノーコード開発に適した AppSheet とは

AppSheet は Google 社が提供するノーコード開発環境です。元々スタートアップ企業の AppSheet 社が提供していたサービスを Google 社が買い取りました。

AppSheet はプログラミングスキルがなくても誰でも簡単にアプリを開発できます。例えば、QR コード読み取り機能・電子署名などの機能も、ドラッグ&ドロップなどの簡単な操作でできるのです。

AppSheet は、豊富なテンプレートを搭載しています。社員はテンプレートを使うことでタスク管理や在庫管理など、さまざまな業務に役立つアプリを開発できます。

Google サービスとの親和性ももちろん高く、Google ドライブや Google カレンダーと連携することで、散らばっていたデータをまとめて管理することもできます。セキュリティも Google の最高峰の環境を利用しているため安心です。

AppSheet は、簡単にアプリ開発ができることはもちろん、Google サービスと連携することで、利便性が高く、セキュリティ対策も万全な環境で利用できることが一番の魅力と言えるでしょう。

AppSheet を使ったノーコード開発例

ここでは、ノーコード開発ツールの代表的な AppSheet の開発例について紹介していきます。

  • タスク管理
  • 案件管理
  • 在庫管理

タスク管理

AppSheet を使用すれば、簡単にタスク管理アプリを作成できます。

効率的に業務遂行するためには、タスクに優先順位や期限を設定して管理することが大切です。 AppSheet を使えば、直感的な操作でアプリを構築できるため、プログラミングの知識がなくても、必要な機能を備えたタスク管理アプリも迅速に開発できます。業務の進捗状況を把握し、効率的な業務遂行を支援するツールを簡単に作れるのです。

タスク管理アプリの作り方を、こちらの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

AppSheet で簡単に作る!自分だけのタスク管理アプリ

案件管理

AppSheet では、日々更新される案件の状況を効率的に管理するための案件管理アプリも簡単に作成できます。例えば、確度の高い案件や停滞・保留になった案件を一覧表示することが可能です。これにより、企業は案件の進捗状況を迅速かつ正確に把握し、業務の効率化を図れるでしょう。

案件管理のサンプルアプリを、こちらの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

AppSheet サンプルアプリ紹介 案件管理アプリ編

在庫管理

AppSheet では、在庫管理アプリも作成できます。

物流などで発生する、入庫、出庫、返品作業の管理を効率化します。作業者は、インターネットに接続された端末を使用して、作業者名、品番、商品名、数量などの情報を入力するだけで、製品受注時に必要な在庫数の管理について3つの画面「入出庫の履歴」「商品一覧」「商品毎の詳細画面」それぞれリアルタイムでアプリに反映され、在庫数の即時確認んが可能です。

在庫管理アプリの作り方を、こちらの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

AppSheet で手軽に作る在庫管理アプリの作り方:使い方まで徹底解説

ノーコードの AppSheet で簡単に開発しよう

本記事では、プログラミングの専門知識が不要で、直感的な操作でアプリ開発が可能な、ノーコード開発について説明しました。

ノーコード開発を行えば、誰でも簡単にアプリ開発を行え、コスト削減やリリース期間を短縮できます。ただし、大規模なプロジェクトなど、複雑な開発に向かないことや、ツールの機能に依存する点があるため注意すべきです。

Google サービスの AppSheet では、タスク管理・案件管理・在庫管理などのアプリを簡単に作成できます。吉積情報では、Googleの ノーコードのアプリ作成ツールである「AppSheet」 の概要と当社の導入支援・トレーニングについて案内していますので、ぜひご覧ください。

吉積情報WEB
吉積情報WEB
吉積情報株式会社WEB担当チーム、コラボラボではGoogle Workspaceに関するブログ記事を掲載しています。
Google Workspaceユーザー必見! 生成AIツール Gemini でできること全部教えます

14:00-15:00 オンライン

Google Workspaceユーザー必見! 生成AIツール Gemini でできること全部教えます

詳細はこちら

Google Workspace で実現する情報漏えい対策の決定版セミナー

14:00-15:00 オンライン

Google Workspace で実現する情報漏えい対策の決定版セミナー

詳細はこちら

働き方を革新し、AIを有効活用すれば 日常業務はもっと効率化できる! Google Workspace の効果的利活用の促進セミナー

14:00-15:00 オンライン

働き方を革新し、AIを有効活用すれば 日常業務はもっと効率化できる! Google Workspace の効果的利活用の促進セミナー

詳細はこちら

2024年問題を乗り切る!運送・建設現場を効率化するAppSheet活用術セミナー

14:00-15:00 オンライン

2024年問題を乗り切る!運送・建設現場を効率化するAppSheet活用術セミナー

詳細はこちら

オンラインセミナー開催中

お申込みはこちらをCheck!